Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:24:34
鴨川源流にかかる名瀑から比良山系最高峰武奈ヶ岳を歩く
2009-6-13 武奈ヶ岳_R083
約1ヶ月振りの山歩き、少々バテバテ登山となったが、沢有り・滝有り・お花有りで自然を肌で感じながらの楽しい山歩きを満喫してきました。
自宅5:15-ガリバー青少年旅行村P8:08-出発8:30-登山口8:50-大擂鉢9:10-屏風滝9:28-貴船の滝9:37-大擂鉢9:56-アシウスギの大樹10:56-広谷11:20-イブルギのコバ11:29-武奈ヶ岳山頂12:20~13:30-細川越13:40-スゲ原13:47-広谷14:20-大擂鉢15:15-P15:55
2009-6-13 武奈ヶ岳_R002
あぁ~眠い~で何とか目的地のガリバー青少年旅行村に到着。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R004
支度を済ませて1ヶ月振りの登山にウキウキ出発。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R005
車道をしばらく歩くと案内板に出合う。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R006
遊歩道に入って直ぐに、ヤマボウシの花が迎えてくれ一気にテンションハイに!今年もシロヤシオが見れなかったので余慶に嬉しかったのだ!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R008
コアジサイも満開!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R011
この案内板の左横から入ります。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R014
ブナやミズナラが茂る気持ちよい道を行く。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R016
登山口から20分程で大摺鉢?が見えてきた(ワクワク)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R095
近づくと名前どうりの摺鉢型の大摺鉢だった。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R020
こんな感じです。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R025
武奈ヶ岳方面の標識を見て沢沿いに進みました。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R027
綺麗な沢に見とれて、道間違いにまったく気付かぬ我家(なさけなぁ~)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R032
そやけど、こんなのに出逢うと間違って良かったなと後で思いました。(屏風ヶ淵)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R033
クサリ場もあり、少々危険な雰囲気の道を更に進むと

2009-6-13 武奈ヶ岳_R037
こんな見事な大滝が現われ我家を感動させてくれました(貴船の滝)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R035
さて、この先は?良く見ると滝の向こうに梯子が見えた?行けるのか確認したが水量が多く無理と判断した。ここで地図を開き道間違いに気付いた。やっちまった!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R038
大摺鉢まで戻り(40分ロス)ルートを探す。良く見ると沢の向こうに標識があるじゃないか!でも、どうやって行くのか?本来あるはずの橋が流されてない。かあちゃんをサポートして何とか対岸に渡ることが出来た。フゥ~

2009-6-13 武奈ヶ岳_R039
ホッと一息付いてると変な大岩が目に入った。
淵の大岩に彫られた「八徳」の元字は大正11年、現地を訪れた堀田知事が書き込んだものといわれている。(八ッ淵の滝概略図より)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R042
沢沿いをしばらく進み細い沢を渡り、ミズナラ林の急登を駆け上がる。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R044
広谷への分岐点。バテバテのメタボ2人、吹き出る汗で目が霞むがドンドン行く!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R047
大摺鉢から1時間ほどでアシウスギの森に着いた。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R048
そしてビックリ樹齢数百年を経た大樹と出合い、これだけで来て良かったなと思った。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R049
複数に枝分かれしたこんな木もあり、見ごたえたっぷりの森だ。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R050
足下にはギンリョウソウがひっそりと咲いていて何とも可愛ゆい。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R052
アシウスギの森を過ぎた辺りで白い花(オオカメノキ)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R053
続いてピンクの花(タニウツギ)が迎えてくれた。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R055
お花小道を出ると細川越と望武小屋の分岐点、広谷に到着。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R057
広谷の分岐点からこの橋を渡り望武小屋方面へ

2009-6-13 武奈ヶ岳_R058
小さな沢をチョコチョコと歩けメチャ気持ちがよかった。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R065
楽あれば苦ありで沢沿い歩きの後の、この道は風もなく蒸暑く再びバテバテ状態でトホホでした。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R063
そんな時、元気をくれたのがこの花(ベニサラサドウダン)でした。花の力は不思議で本当に力が復活します。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R067
ファイトイッパーツ!最後の急登を登ると

2009-6-13 武奈ヶ岳_R068
この日初めての展望が現れた。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R069
稜線に出て武奈ヶ岳山頂を見ると、たくさんの登山者で賑わっている。人気の山だもんなぁ~

2009-6-13 武奈ヶ岳_R079
ロスタイムを含め、3時間50分で武奈ヶ岳山頂に着いた。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R073
今回もガスで展望は望めず残念でした(泣)

2009-6-13 武奈ヶ岳_R071
さて、お昼にしますか。本日は名古屋豚骨ラーメン&おにぎり&ノンアルコールビールでご馳走さま。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R082
食事中に雷雲がどうのこうの?と聞こえてきたので急いで食事を済ませ下山することにしました。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R086
下山は細川越~スゲ原~広谷

2009-6-13 武奈ヶ岳_R089
細川越から10分ほどでスゲ原に着く。そんなに広くはないがイグサの湿原はとても雰囲気が良く気持ちが良かったな!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R090
2009-6-13 武奈ヶ岳_R091
そしてビックリ!スゲ原はオオミズゴケの大群生地だった。触ってみるとフワフワの冷たい絨毯の感じがした。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R092
湿地にはイグサとオオミズゴケの絨毯を踏まないように木道が作られていて気持ち良く歩けましたよ!

2009-6-13 武奈ヶ岳_R094
スゲ原から30分ほどで広谷に着く。ここからは来た道をたどる。

2009-6-13 武奈ヶ岳_R098
1ヶ月振りの登山、少々バテバテ登山でしたが沢、滝、花、神秘的なアシウスギの森、そして武奈ヶ岳が明日への元気を少しばかし分けてくれたような気がしました。



コメント
ショウタンさん
久しぶりに楽しい登山が出来ました。
やっぱり歩いていないとダメですね!もうバテバテでした。
このコースがヒルのコースとは知らなかったのが良かったです。知ってたら絶対に行かなかったと思います。
チラホラとヒルちゃんを見かけましたが、言うともっと恐いかあちゃん居たので黙ってました。
ーヒルがたかっさんを恐いってー
いやいやショウタンさんのパワーには足下にも及びませんよ!

たかっさん│URL│2009/06/22(Mon)22:05:51│ 編集
スロートレックさん
あの森は・・・エェ?スーさん行ってなかったっけ?
ヒルのことをまったく知らなかったのが、知らぬが仏かな。
でも沢沿いでヒルが居るのを確認しましたが、かあちゃんに言うとうるさいから黙ってました。
ー霞んでいるのはアレですかい?-
そうそうS先輩の背後霊がいつもついて来るんです(笑)
ーかあちゃんのザック重たそ~ー
いつも重いと言ってブツブツ言ってますわ!今度小さいのを買ってやろうかな?
でも大蔵省はかあちゃんなので何ともです。

たかっさん│URL│2009/06/22(Mon)21:52:32│ 編集
まゆごんさん
久しぶりの山はバテバテでしたが、行って良かったな楽しかったなでした。
メタボ解消は山歩きでは無理と諦めてます。だって食べるものが全部美味しいんですからね!(おやつにケーキとか饅頭とか持って行った時ありますが、登山を始めるまで甘いのが苦手でした)
道間違い、こんな道間違いは嬉しいものですね!
オオカメノキの花は純白と言っていいほど綺麗でホントに涼しく感じましたよ!

たかっさん│URL│2009/06/22(Mon)21:36:53│ 編集
hanasakuさん
久しぶりの「山は楽しい」でしたが、やっぱり行っていないとダメですね!息が上がるし汗が吹き出るしでした。
かあちゃんのザックは40Lですので大きいです。いつもコレを背負って重い重いといってます。
山野草好きもあって、よけいに花と出合うと力がみなぎって来る気がします。

たかっさん│URL│2009/06/22(Mon)21:22:59│ 編集
blueeyedsoulさん
わーい
ソウルさんいなくても霞んでたぞ~
まぁ展望なくても滝・花・アシウスギの巨大樹が見れただけで大満足でした。

たかっさん│URL│2009/06/22(Mon)19:58:56│ 編集
しばらく更新が無いので忙しいのかなと思っていました
ショウタンなら怖くってこの山の沢道よう歩きません
何が怖いって
そりゃヒルでんがな

ヒルがたかっさんを怖いって


ショウタン│URL│2009/06/22(Mon)09:42:34│ 編集
あの森は・・・
八ッ淵でしたか~ここは私も未踏なのです
でも、確かここも山ヒルわんさか地帯ですよね!
遭遇しなかった?
霞んでるのはアレですかい?写ってないだけで
S先輩がご一緒だったとか(笑
それにしても気になるのは母ちゃんのザック重たそ~

スロートレック│URL│2009/06/21(Sun)20:15:57│ 編集
アキマセン!!
最近名前を入れるのを忘れます(汗)^^

まゆごん│URL│2009/06/21(Sun)13:38:56│ 編集
久しぶりでしたね!
メタボは解消されなくても…?(わたしとは違うよね、ゴメン!!m(__)m) 
登山の調子は戻りますよね~

間違えた道のほうに良いところがあるじゃないですか
オオカメノキは涼しげな花ですね~^^*)



│URL│2009/06/21(Sun)13:36:09│ 編集
久しぶりの「山は楽し」ですね
かあちゃんすごいボリュームのザック背負ってますね
ボッカトレでもしてきたんですか?(笑)

大樹は相当見応えあるし
>花の力は不思議で本当に力が復活します
可愛い花に出会うと本当にホッとしますよね

hanasaku│URL│2009/06/20(Sat)04:28:54│ 編集
わーい
俺が行かなくても霞んでるぞー。
ま、こんな時もあるでしょ。
しかし凄くでっかい木やなぁ。
これ見れただけでも値打ちあると思うわ。

blueeyedsoul│URL│2009/06/19(Fri)22:34:16│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/100-13ee1a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する