Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:16:06
雲上の庭園・黒部源流一人旅
2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R172
登山をはじめて3年だが、いつの頃からだろう?北アルプスの奥座敷、天上の庭園「雲ノ平」を知り、いつかは行ってみたい行けたらいいな、なんて事がいつも頭の片隅にあった。
そして今年の目標として雲ノ平行き(単独行き)は密かに心に決めていた!雑誌・地図・ネット等々少しずつ情報を収集し雲ノ平山行計画を進めた。しかし計画が進むにつれ小心者の私は、はたして一人で本当に行けるのだろうか?もし何かあったらどうしよう。行ってもないのに悪いことばかり考えて不安がつのるばかりだった。そんな日々が続いたある日、山友のレポを思い出しじっくりと何度も何度も読み返した。それでもやっぱり不安はなくならない、でも行きたいな~
そこで山友にメールで雲ノ平山行計画を進めていることを伝え、アドバイスをお願いしました。
「時間、注意ポイント、雨など予定変更時のオススメ散策ポイント等々こと細かく的確なアドバイスを頂いた」
そしてこの言葉で勇気をもらいました(ありがとう)
「整備されてても秘境です、雲ノ平から高天原の間は急に
人が少なくなる=何かあっても自分だけ!
なので、くどいですが体力と天候とは、よーっく相談
してくださいね」  

こうして雲ノ平山行計画を実行する日(9月20~23日)がやってきたのだ!
コース計画
1日目 折立~太郎兵衛平~薬師沢小屋
2日目 薬師沢小屋~雲ノ平~高天原山荘(夢ノ平・高天原温泉)
3日目 高天原山荘~雲ノ平~薬師沢小屋~太郎兵衛平~薬師峠(テン泊)
4日目 薬師峠~太郎兵衛平~折立

しかしSWと言うやっかいな敵のおかげで初日から計画変更せざるをえない状況になったのである。
はてさて・・・?


2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R000
19日午前11時に和歌山を出発、20:00までに折立に着けばいいと余裕の出発だったがSW初日とあって、吹田あたりから徐々に渋滞がはじまり米原を過ぎるまでノロノロ状態でした。
何とか滑り込みセーフ折立に20:00着でしたが、駐車スペースがまったくなく折立P手前のトンネル前に止め、夕食を済ませ明日に備えた。翌朝5:00起床、トイレがしたいが歩いていくのも遠いな~と思ってたら帰っていく車が?もしかしたらPスペースがあるかも?すぐに車を走らせたがあまかった!でもチョット近くなったぞ~まぁヨシとしよう。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R002
支度を済ませ、さあ行くぞ~先々週はかあちゃんとここから薬師岳に行ったな!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R003
黒部源流一人旅の出発だ!(6:32)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R005
急な太郎坂の尾根道はキツイのね!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R007
だけど景色が元気をくれる。うん良い天気だ!(鍬崎山)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R010
リュックは重いがこの日は快調に歩けた、やっぱり睡眠が一番だ!7:53三角点に着いた。

2009-9-20 三角点から剣岳を望む
遠くに見える剣岳が綺麗やった~(画像をクリックして見て下さい)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R021
三角点から少し登り草原に出ると積雪量調査用のポールと有峰湖が見えてきた。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R025
少し下って樹林帯を過ぎると石畳の登りだ

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R028
しばらく石畳のトレイルをたどると、ハッキリと剣岳が見えてきた。こんなに近くに見えるなんて不思議だったな?

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R030
五光岩ベンチに着き深呼吸フゥー

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R031
あと少しで太郎平小屋だ。ガンバルか~

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R034
薬師岳を見ながら歩く緩やかな広い尾根道は、メチャ気持ちが良かった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R036
太郎平小屋10:14着。前回は4時間50分かかったが今日は3時間42分で来れた。なんか嬉しいな!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R043
ちょっと早いけど昼食、コレが食べたかったんだ~太郎ラーメン!見た目よりあっさりスープで美味しかったです。モルツとの相性はバッチシでしたよ!
ラーメンを食べてる時に老夫婦がやって来ました。挨拶を交わし私が今日はどちらへと聞くと高天原へ行くと言う、奥さんは普通の登山スタイルでしたが旦那はジャージにTシャツねじりハチマキ、普通の長靴だった。もうビックリ!生ビールを片手にあんたは何処いくべさ?と聞かれ薬師沢小屋までと言うと、今日は薬師沢も高天原も150人だと言う。薬師沢小屋は定員80人だったはず2倍か~エェーガァーン!初めての小屋泊まりやのに何てことだ。パスだな!と言うことは雲ノ平まで行かなければならない、初めてのコースで激下り激登りのロングコース私で大丈夫なのだろうか・・・?と考えていると旦那が奥さんに沢行って熱燗さひっかけて高天原行くべ~今日は温泉さ入って焼肉食うべさ~なんて事を言っている。何者なんだこの老夫婦は?でもこの夫婦の会話を聞いていて元気が出てきた。
予定変更だ、雲ノ平まで行くべー!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R040
待ってろよ~これから行くからな!でも遠いなぁ~

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R045
10:50太郎平小屋の横から木道をたどり、左へ分かれる薬師沢へのルートを行く。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R046
太郎山の方を見上げるとチングルマなど草紅葉が美しかった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R048
太郎平小屋とはしばらくサヨウナラだ。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R051
正面には水晶岳・笠ヶ岳・祖父岳・雲ノ平・三俣蓮華岳が見える。あそこえ行くんだ本当に・・・

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R052
木道が終わり、ここから激下りがはじまる

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R056
20分程下ると薬師沢の源流部に出て第一徒渉点の橋を渡る。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R057
少し木道をたどり

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R058
第二徒渉点を渡る

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R061
色づきはじめた景色を見ながら

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R064
笹原や針葉樹の森へ続く木道を下って行くと

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R067
第三徒渉点、ここを渡る。整備された木道はまだ続く

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R071
開けたところから違った顔の薬師岳が見えなんだかホッとさせてくれた。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R075
笹原のカベッケが原を過ぎると、まもなく沢の音が聞こえてきた。少し行くと薬師沢小屋に着いた。
(13:05)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R076
この小屋は噂どうりで少し傾いているのかな?

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R077
小屋のデッキから眺める黒部川の綺麗なこと

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R079
薬師沢小屋前の吊橋で記念撮影して雲ノ平へいざ出発(13:25)
雲ノ平まで標準時間3時間20分だ、ちょっと急がないとな・・・

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R080
吊橋を渡り、ハシゴをつたって河原に下りる。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R081
ここから針葉樹林帯の急登がはじまる。標高差600mの天国への地獄の登りだ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R084
覚悟はしていたが滑りやすい木の根や石がごろごろ、7時間近く歩いてきて疲れた足は中々前に進まない。少し歩いては休みの繰り返し、クソーこんなとこで負けてたまるか!気合を入れて歩くが現実は辛いのね~

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R087
2時間ばかしの急登も木道が現れホッとさせてくれた。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R090
木道をたどると展望が広がる。アラスカ庭園だ!オォーオォーやって来たぞ~!ほんの少し前は泣きそうなくらい辛かったのがウソのようだった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R091
アラスカ庭園から薬師岳

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R097
前には水晶岳

2009-9-20~22 _笠ヶ岳R096
遠くに笠ヶ岳も望めた(黒部五郎岳は?撮り忘れなのね)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R102
時間も16時過ぎで後にも先にも誰もいない、私の独り占めだ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R104
ゆっくりゆっくりと景色を楽しみながら歩いていくと奥日本庭園だ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R103
明日あの山(赤牛岳)の下まで行くんだ・・・

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R107
緩やかに続く木道をテクテク、なんだか急に冷え込んできた。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R108
つ、着いた!やっと着いた!太郎兵衛平から遠くに見えていた雲ノ平。私の足でもやって来れたぞ~
雲ノ平山荘は改装中、プレハブ小屋でテン泊の手続きを済ませてテント場に向かった(17:35)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R111
テン泊手続きの時にお姉さんからテント場今季一番の大賑わい、頑張って場所を探してくださいねと・・・?

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R112
夕陽に照らされた美しい水晶岳を見ながらテント場に下った。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R115
テントを張る場所を探したが、良い場所は全く無く大きな岩を掘り起こして何とかテントを張ることができヤレヤレ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R113
テント張りを終え、ホッとしたのか今日一日の疲れがドーッと来た来た。レトルトのカレーライスを作ったが食欲がまったくない、薬師沢小屋で買っといた大好きなビールも喉を通らない?無理やりカレーだけは食べたがビールは一口だけでダメでした。あぁ~疲れたなぁ~おやすみなさ~い。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R116
翌朝5時起床、アレ~外に出ると半分以上の方が既にいない?まぁいいか、ゆっくりゆっくり~
今日も天気が良い。昨日の疲れはあるものの爽快な気持ちの良い朝だった!(テントを片付け6:40出発)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R121
昨日写真を撮り忘れた黒部五郎岳におはようさん。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R122
今日は高天原に行って、高天原温泉「からまつの湯」の湯に入るぞ~!密かにコレが今回の目玉だったかも?

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R130
小山をひと登りするとデッカイ薬師ちゃんに圧倒されるヒョエェ~

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R133
溶岩台地と言うだけあって、大きな岩がゴロゴロあぁ~歩きにくい。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R134
コロナ観測所が設置された広場を越え岩場を少し下り

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R141
雲ノ平の森の道に入る

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R178
高天原峠へは激下りが続き、こんな梯子が2連荘のところもあり要注意だ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R143
でもこんなに綺麗な景色が待っていてくれるのだから仕方がないか。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R145
ボチボチと下り、高天原峠に到着(9:00)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R151
高天原峠からも下りが続き岩苔小谷の木橋を渡る。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R152
樹林帯の道を抜けると急に視野が開けた。

2009-9-21 高天原
なんだか魂が抜けたような感じになってフワフワと歩き、気が付くと高天原湿原にいた。(画像をクリックして見て下さい)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R153
湿原の後ろには最高の薬師岳が顔を覗かせていた。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R158
木道をたどりようやく高天原山荘に着いた(10:07)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R160
重いリュックを置かせてもらい、サブザックで温泉沢の露天風呂へ

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R162
温泉沢に着くとビキニ姿の子達がオオハシャギ!そりゃそうだよな~こんな秘境に温泉があるんだもんな!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R163
温泉に入る前に行っておきたい場所があった。
黒部源流の秘境!夢ノ平とよばれる美しい草原と澄んだ水をたたえた竜晶池だ。

2009-9-21 夢の平
温泉沢から十数分歩いただろうか?目の前に現れた夢ノ平のあまりにも美しい絶景に一瞬にして金縛り状態になってしまった。鬼の目にも涙じゃないが、こみあげるものがあり涙を止められなかった!
(画像をクリックして見て下さい)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R169
泣きながら竜晶池へ

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R171
あぁ~本当にここまでやって来たんだなぁ、来て良かったな!辛い一歩楽しい一歩が私をここまで連れて来てくれたんだ~少しの時間だったが目を瞑り真っ白になりました。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R170
竜晶池の辺で何を思い何を感じたか?それは秘密・・・!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R173
夢ノ平と竜晶池にまた来ることを誓い温泉に引き返した。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R175
沢音を聞きながら乳白色の硫黄泉に浸かり、まったりと疲れを癒す。こんな秘境のこの秘湯、こんなに豪華な贅沢はないだろう、。頑張ったご褒美だな!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R177
高天原山荘のテラスで簡単に食事を済ませ、この素晴しい地に別れをつげた(12:40)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R179
高天原峠に戻る途中フッと見上げると黄色に色づくナナカマドと青い空。あまりの美しさ心地良さに大きく深呼吸をした。高天原峠に着き(13:34)大東新道か雲ノ平かどちらに行くか考えた?その時かあちゃんとの約束を思い出した「たかっさん絶対に危ないとこ行ったらアカンで、無理もアカン、分かってんの・・・」重いリュックにガクガクの足、今の私には大東新道は無理だな!雲ノ平に引き返そうか。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R180
しんどい登り帰しもこんな絶景を見られるんだから辛抱しなくっちゃネ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R182
途中で奥スイス庭園の標識が?アレ道を間違えたのかな?行く時はまったく気付かなかった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R183
奥スイス庭園から見える薬師岳です(さて何回、薬師岳が出てきたでしょう?)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R185
覚悟はしてたけど、通らないといけないのよね!あともう少しだ~だけどやっぱり辛~い。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R186
この日もフラフラになりながらも無事に雲ノ平に到着(15:53)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R187
昨日と同じ場所にテントを張りホッと一息!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R188
まったく食欲がなかったが、食べないわけにはいかない。この日もレトルトカレーだ!しかし喉を通らない、だけどお助け隊はいましたよ。それはウイスキーのお湯割りちゃん、チョビリチョビリと口に含むと食欲がわいてきて、サラミソーセージまでたいらげました。
このあとは、倒れるように眠ってしまいました。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R190
3日目、4時起床。周りの人達は朝食を済ませて暗闇の中テントを片付けはじめていた。山の朝は超早いのだ!?アァ~眠い~
私も朝食を済ませてテント撤収、このころから小雨が降り出し嫌な予感!5時40分に雲ノ平を出たがガスで数m先しか見えなかった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R193
しばらく歩いていると笑い声が後ろから聞こえてきた。振り向くと親子連れさん?エェ~ウソやろ~?
小学1・2年生くらいの女の子が元気良く私を抜かして行ったのだ!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R197
そして嫌な予感が的中!薬師沢への激下り、雨に濡れ滑る滑る。ゆっくりゆっくりと慎重に下った。何人に抜かれただろうか?でもゆっくりが正解だった、早く歩いても滑ってコケテ、ストックが折れてでは何にもならないからね!結局のろまな私に抜かれるんだから・・・

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R200
緊張の連続の下りも薬師沢まで下りホッとした。(8:35)

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R201
薬師沢小屋には大勢の人達が・・・休憩もそこそこにして黒部川とお別れした。

2009-9-20~22 カベッケヶ原_R202
間もなく着いたカベッケヶ原、私にお帰りを言ってくれているような、やさしい雰囲気だった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R203
幻想的なモノクロの世界!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R208
美しく紅葉したナナカマド!もう何を見ても感動感激夢心地だった。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R212
どのくらい歩いただろうか?太郎が見えてきた!

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R218
ガスの中、太郎への木道の一歩一歩で何を感じていたのだろう・・・?

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R219
立ち止まり、チングルマの紅葉を見つめながら、あぁ~黒部源流一人旅も終わったんだ!歩けたんだのろまな私でも・・・

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R223
太郎平小屋に着いた(11:35)ホッとしたのか、急にお腹が空いてきた、いやズーッと空腹だったのだ!大好きなビールさえ喉を通らなかったもんな~何か食べて帰ろうと思ったが注文待ちトホホ(泣)
あきらめて太郎平小屋ともしばらくのお別れ、また来年も来ることを約束して下山することにした。

2009-9-20~22 雲ノ平・高天原・夢の平_R228
有峰湖が見えてきて、黒部源流一人旅が終わった!
(折立登山口14:30着)


3泊4日の計画がSWのおかげで小屋泊まりなしのテン泊2泊3日に急きょ計画変更しざるをえない状況になったが、とても良い勉強になったし、何より今年の目標にしてきた雲ノ平を歩けた達成感、満足感でいっぱいだった。
「特別な努力をした者にだけ許された聖域・・・」とは、どんなところなのだろう?
私には見るものすべて、一瞬一瞬が感動で穏やかな時間が流れる素晴しいところでした。
北アルプスの奥座敷・雲上の庭園「雲ノ平」、こんどはかあちゃんと訪れてゆっくりと過したいな!






コメント
タマちゃん
ありがとうございます
目標達成!完全燃焼してきましたよ。
今になって思うのですがSWのお蔭でたいへん貴重な体験をさせてもらい、これがチョット自信になったような気がします。
とにかく雲ノ平~高天原は最高の感動をくれる別天地です。
私もまた来年も行くぞ~!

たかっさん│URL│2009/10/21(Wed)21:16:43│ 編集
来年は高天原温泉に入るぞ
へー 雲の平に行ったのですね。 今年の目標だったのですね。
目標達成 おめでとう !!!  僕も目標にしていたのですが、僕は達成できずでした。
夏前に 大き目のリュックも新調して準備をしていたのですが・・・・・

今頃 コメントの投稿になってしまいすみません。
たかっさん 今年はなかなか頑張って登られていますね。 まだ見せてもらっていないですが、石鎚も登られたようだし。
今年はゴールデンのSWでもあり、山小屋は大混雑だったようですね。 僕も以前、10月の涸沢に登ったときの山小屋は頭と足を交互に寝かされました。 たかっさんはテント泊だからそんなこと心配しないで良いですがね。 しかしテント泊でねー 馬力あるなー。

僕も去年の北アで、初めて夕食が食べられませんでした。 僕の場合は、疲れと自分の不注意で水不足となり、小屋についてやれやれとビールを飲んだのが悪かったです。

来年は是非 後を追いたいと思います。 夏前にまた、情報を下さい。

タマ│URL│2009/10/20(Tue)18:40:11│ 編集
ふぇるめーるさん
おはようございます
雲ノ平は雲上の庭園・天上の楽園とも言われるのが良く分かりました。本当に素晴しい別天地でした。
竜晶池に映る景色はもう夢の世界、あまりの綺麗さに言葉が出ませんでした。
ぜひ、行って見てくださいな!ふぇるめーるさんが撮った写真が見たいです。

たかっさん│URL│2009/10/12(Mon)08:52:46│ 編集
ショウタンさん
おはようございます。
コメント遅れましてすいません。昨日、四国から帰ってきました。
雲ノ平・夢ノ平は想像を絶する素晴しいところでした。
雨が降っても、風が吹いても、山は楽しいの心境まではまだまだですが、チョットだけ今回の登山で分かったような気がします。
「一人登山デビューおめでとう
素晴らしい山男が出来上がる瞬間を見たようです」
ありがとうございます
これからも、色々アドバイスを頂けたら嬉しいです。

たかっさん│URL│2009/10/12(Mon)08:17:36│ 編集
まさしく源流の風景
お疲れ~さんどす。
雲の平は訪れたことないですが、行きたいと思ったことあります。
四方アルプスに囲まれた別天地って感じが良いですね。
とりわけ竜晶池の鏡のような感じはすばらしい!の一言。


ふぇるめーる│URL│2009/10/11(Sun)12:05:30│ 編集
素晴らしい所ですね
登山の楽しみ方は色々ありますが景色が一番のご褒美でしょうね
私も、雨が降っても、風が吹いても、山は楽しい心境に成るまでは色々ありました
今私は情報の無い、バリエーションを求めて歩いています
そんな中から低山の里山の素晴らしさを探しています
一人登山デビューおめでとう
素晴らしい山男が出来上がる瞬間を見たようです

ショウタン│URL│2009/10/09(Fri)11:08:07│ 編集
hanasakuさん
今回ばかりは本当にしんどかったですよ。その分感動感動の大パノラマ、一瞬一瞬の空気を思う存分堪能し完全燃焼できました!
雲ノ平はしばらく忘れて、今度は紅葉狩り登山を楽しみま~す。ヒキウス楽しみですね!
「満願成就オメデトウ!」
ありがとうございます

たかっさん│URL│2009/10/06(Tue)23:03:31│ 編集
直前の薬師登頂があったにせよ
アルプスデビュー間もない身で
これだけの絶景を堪能してしまったら
後はミソカスですよ(笑)
これからは当分雲の平、高天原詣でが続きそうですね
それにしても見事なまでの景色だ
もらい泣きしそうです
最後になりましたが、満願成就オメデトウ!!

hanasaku│URL│2009/10/06(Tue)20:36:20│ 編集
スロートレックさん
ありがとさんです!
予定変更は悩みに悩んだけど、生ビール片手に超ハイなじいさんのノリに乗せられちゃいました。
しかし薬師沢小屋からの急登は本当にキツくて泣きそうになりましたよ!
高天原と夢ノ平は別天地ですな!あそこには絶対に何かいますよ・・・?
大東新道いかなくて正解ですか?半分は行く気になってたんですよ!(でも、かあちゃんとの約束があったのでね)
スーさんのアドバイスがなかったら本当に目的達成出来てなかったと思います。また色々教えてくださいね!

たかっさん│URL│2009/10/05(Mon)07:40:11│ 編集
おめでと♪
>予定変更だ、雲ノ平まで行くべー!
はははっ~いいねーこのノリ!なんだかんだ言っても
最後はコレなんすよね~、このノリに乗れるかどうかで
分かれるんですよ、そんなもんですよ~
しっかし、高天と夢ノ平の画像はさいこうじゃないですか
いや、素晴らしい♪
高天峠13時オーバーだと大東新道行かなくて正解ですよ!
初めてのアルプス単独デビューおめでとうさんです。

スロートレック│URL│2009/10/04(Sun)22:47:08│ 編集
うずみんさん
こんばんは
私も翌朝までトンネルの向こうでした。あのトンネル歩きは長かったでしょうね!私は少しでも近くにと車を走らせラッキーにも一台のスペースを見つけることが出来ました。
高天原を出た後くらいですか?その時はもうヌケガラ状態だったのでちゃんと挨拶をしたのかな?してなかったらゴメンナサイね!
高天原山荘が170でしたか!雲ノ平に戻って正解だったんかな?チョット心残りはあるんです。それにしてもホントSW恐るべしですね!
雲ノ平への地獄の登りですか?あぁ~あそこは思い出したくない場所ですわ!登山をはじめてまだ3年ですが、今までで一番しんどかったです。
その分、いやその2倍凄い景色が見れたので大満足でした。
今度は、ゆっくり余裕をもってかあちゃんと歩きたいと思っています。

たかっさん│URL│2009/10/04(Sun)21:11:40│ 編集
まゆごんさん
雲ノ平とか夢ノ平、歩いてみて本当にピッタリの名前だなって思いました。
今回の計画は、ある程度頭に叩き込んで行きましたが、まさかまさかの初日雲ノ平行きになろうとは思ってもなかったです。
でも、一歩一歩歩けば行けるもんなんですね!少し自信がつきました。
今年の目標としてきた雲ノ平、これほどしんどく、これほど素晴しいところは感動の連続でした。
ありがとうございました。

たかっさん│URL│2009/10/04(Sun)20:15:31│ 編集
blueeyedsoulさん
まいどです!
いやぁ~今回ばかりは、泣きそうなくらいしんどかったですよ!(感動して泣いちゃいましたが)
そやけど、先輩の言うとおりこれだけの素晴しい景色が見れたから頑張れました。
ウラヤマシイとは言わず、行ってみてくださいな。感動の連続ですよ!

たかっさん│URL│2009/10/04(Sun)19:39:15│ 編集
のんちゃん
いやぁ~私みたいなヘタクソなレポで感動していただいてありがとうございます。
今回の山は超ロングコースは分かっていたので、先ずは私がトライして次回かあちゃんと楽しく歩けたらなとの思いで一人で行きました。まぁ何があっても行きたいところでしたので!
とにかくこんなにしんどい山歩きは初めてでしたが、その一瞬一瞬の感動は言葉に出来ないくらい素晴しいものでした。
秘境の温泉、ここは今まで入った温泉とは格別で浸かった瞬間に全身の力が抜けていくような不思議な心地良さでした!
雲ノ平も高天原も夢ノ平も竜晶池もすべてが超感動!夢ノ平を見たときは笑いながら泣いていましたよ!
言い出したら何も聞かない私を気持ちよく行ってらっしゃいと送り出してくれたかあちゃんに感謝、」今度はかあちゃん孝行しなくっちゃと思っています。(かあちゃんはこのロングコースにチョットビビッテますけどね!)

たかっさん│URL│2009/10/04(Sun)19:31:32│ 編集
Mrs.Kさん
こちらこそ初めましてです。これからも宜しくお願いします!
折立から雲ノ平なんて考えてもいなかった行程で、勢いで行っちゃいました。メチャ不安でしたけど。
SWには本当に困らされました。行き帰りの高速の渋滞、山小屋の定員オーバーと踏んだり蹴ったり、でも良い勉強・体験が出来て少し自信がつきました。
今度はかあちゃんとゆっくり、雲ノ平・高天原を歩きたいと思っています。
ヘタクソなブログですが、また遊びに来てくださいね!

たかっさん│URL│2009/10/04(Sun)19:06:16│ 編集
雲ノ平でよかったですよ!
こんにちわ!
私達は、トンネルの後ろになんとか車を停めました。
あのトンネル歩きは長かったです。
たかっさんが高天原のテラスを出発した後ぐらいに、私達は山荘へ到着しました。
たぶん、すれ違っててご挨拶してるでしょうね。

ちなみに、高天原山荘は50人定員のところ170人でした(^_^;)
幕営禁止ですが、小屋の中で寝れない人が出たため、
テント装備がある登山者に、特別にテントを張ることを許されましたが、
小屋泊と料金は同じなので、小屋で寝ることを選択。
シルバーウィーク、恐るべしですね。

雲ノ平のあのツルツル石の2時間の登り、きっついですよね~!
でも、1日で行かれたんですね!すごいわー!
私達も、もうちょっと健脚やったらな~(>_<)

うずみん│URL│2009/10/04(Sun)13:49:41│ 編集
ウルッ!ときましたよ

この夢のような景色から、夢とか雲とかの名前がついたんやろね~
変更が心配でしたが、それだけよく勉強して行かれたのだと思いました
この旅で自信につながることもあったでしょうね!
お天気が良くて何より、、、無事で良かったです
おめでとうございますヽ(^o^)丿

まゆごん│URL│2009/10/04(Sun)13:49:32│ 編集
まいど!
往復の運転も含めてさぞやしんどかったやろね、お疲れちゃん。
でもあんな絶景見れたら、そらもう頑張るわなぁ。
ウラヤマシイけど絶対よう真似でけへんわ。
またヨメさんと二人で再訪してちょ。

blueeyedsoul│URL│2009/10/04(Sun)12:10:12│ 編集
いやぁ、すばらしいレポでした! 
山の美しい写真を見ながら、たかっさんの文を読ませていただいて、超感動しましたよ。
いつもは奥様と一緒なのに今回は一人で、何か意図があったのでしょうか。
竜晶池での目頭が熱くなった気持ち、しんどい目をしてここまで登ってこられたからこそでしょうね。
白いお風呂に入ったたかっさんの気持ちよさそうな顔! ほんとに最高のご褒美ですね。
お留守番の奥様も、無事に帰ってこられてホッとされたんじゃないですか。
今度は一緒に連れて行ってねって言われました?(笑)


のんちゃん│URL│2009/10/04(Sun)11:57:11│ 編集
同じ日に雲の平テント泊でしたー。
初めまして。
hanasakuさんのところからおじゃましました。

一日でテント装備で折立から雲の平へ入るって健脚ですねー。すごい!
シルバーウィークの人出はほんと凄かったですね。
19日の薬師峠テント場は190張でトイレの裏までテントを張っていましたよ。
20日の雲の平も100張以上だったのでは。
高天原はいいところですよねー。テント泊できませんがランプの小屋の雰囲気は
すごく印象的でまた訪れたい場所です。
今度はぜひ奥様とご一緒に雲の平へ行ってくださいね。

Mrs.K│URL│2009/10/04(Sun)08:35:51│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/110-fd25c490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する