Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
14:59:54
イワカガミの花が咲いているか?期待に胸膨らませ稲村ヶ岳に向かいました。2007-06-16-_R037.jpg
自宅を5時25分出発~貴志川~R168~県道49経由で大橋茶屋駐車場に7時20分到着。
2007-06-16-_R001.jpg
駐車料金1000円を払い、身支度をして出発です(7時35分)

2007-06-16-_R000.jpg
白装束の行者さん達が、たくさん来られていました。

2007-06-16-_R003.jpg
朱色が冴える清浄大橋。

2007-06-16-_R004.jpg
レンゲ辻登山道入口に向かいます。

2007-06-16-_R005.jpg
登山道入口までアスファルトの道が、これがけっこう長く感じました。

2007-06-16-_R006.jpg
梅雨に入ったばかりですが、天気は上々の快晴です。

2007-06-16-_R010.jpg
8時に登山口に着きました。

2007-06-16-_R011.jpg
入口は急な階段からのスタートです。

2007-06-16-_R012.jpg
前日までの雨で足元はかなり悪く、それに加えゴロタ石の道なのでよく滑りました。

2007-06-16-_R016.jpg
天気予報では気温が高くなるとのことでしたが、渓流沿いの道は肌寒いくらいで気持ち良かったです。小さい滝も魅力満点!

2007-06-16-_R014.jpg
雨に濡れたガクウツギがとても綺麗です。

2007-06-16-_R017.jpg
変わったキノコを見つけました。おかしのキノコの山は~・・・?

2007-06-16-_R018.jpg
ソウル先輩にレンゲ坂谷からはかなりキツイぞ!と聞いてたとうり岩場が歩きにくいし傾斜も中々でいらっしゃ~いってな感じでした。

2007-06-16-_R020.jpg
半分朽ちた巨大老木ですがスゴイ生命力を感じました。

2007-06-16-_R022.jpg
沢渡りも楽しいもんです。ルンルンルン!

2007-06-16-_R023.jpg
ここからレンゲ辻まで急登が続きます。

2007-06-16-_R084.jpg
9時30分レンゲ辻の女人結界門に到着。

2007-06-16-_R027.jpg
レンゲ辻からブナやカエデの綺麗な稜線に入りましたが・・・

2007-06-16-_R028.jpg
しばらく行くと道が少し壊れていました。もちろん落ちればアウトなのでここは慎重に慎重に・・・急いで行ってしまいました(ゆっくりだと恐いから。ハイ!)

2007-06-16-_R029.jpg
新緑もますます濃くなってメチャ綺麗です。

2007-06-16-_R032.jpg
稲村ヶ岳小屋に10時30分に着きました。

2007-06-16-_R034.jpg
しばらく休んでから稲村ヶ岳に向かいました。

2007-06-16-_R036.jpg
写真では解りませんが水滴がポタポタと気持ち良かったです。

2007-06-16-_R035.jpg
自然が作った苔玉は最高。

20070617170947.jpg
大日のキレット(クリックして見てください)

2007-06-16-_R055.jpg
11時15分稲村ヶ岳山頂に到着。三等三角点。

2007-06-16-_R057.jpg
今日もやっときま的命!

20070617171923.jpg
次回登行予定の大普賢岳方面です。(クリック)

2007-06-16-_R062.jpg
弥山・八経ヶ岳方面。

2007-06-16-_R072.jpg
まだまだ大展望を楽しんでいたかったけれど、ご覧のハエが異常なくらいいて、じっとしてると数十匹のハエがたちまちたかってくるので、残念でしたが撤退しました。

2007-06-16-_R050.jpg
目的のイワカガミは期待を裏切ることなく、大変綺麗な花を咲かせていました。感謝!

2007-06-16-_R054.jpg
イワカガミの群生。過酷な環境に耐えて一年に一度咲くだけあって、見事としか言いようがありません。

2007-06-16-_R074.jpg
新緑の大日山。秋の紅葉が今から楽しみです。

2007-06-16-_R077.jpg
景色も花も堪能して、山小屋に戻り昼食にします(12時05分)本日はカレーうどんと焼おにぎりでごちそうさんです!ハプニングうどんを炊き始めて、おはしを忘れたことに気づきパニックです。しかたがないので山小屋でビール350mlを500円で購入して割り箸をお願いして頂きました。助かりました(感謝です)

2007-06-16-_R080.jpg
食事中にきらりと光る物が、なんだと見ると玉虫のように、虹色に輝くこめつき虫がいました。

2007-06-16-_R079.jpg
新規購入したドイターのリュックです。背中が暑くならないのを、実感しました。と写真を撮ってる時、山小屋の管理人さんが来て、色々お話してくれました。今の山の現状は地球温暖化のあおりで、ブナやカエデ等の立ち枯れが深刻だと!よく鹿による食害が報道等で言われているが、鹿は悪くない人間が悪いと!強い口調で言っておられました。また自然を知らない人が間違った報道しているのが悪循環だとも仰っていました。1500m附近で鳴かないヒグラシうるさく聞こえました。

2007-06-16-_R081.jpg
稲村ヶ岳・大日山を後に、13時過ぎ下山します。覚悟はしてたが、古傷のヒザが釈迦ヶ岳以来ですが悲鳴をあげてきました。

2007-06-16-_R086.jpg
なんとか無事登山口に着いたのが、3時40分でした。全工程約8時間でした。(登山口に降りる最後の階段で嫁さんが転倒、何とか持ち堪えて無事でしたが、後数センチで谷に落ちるところでした。最後まで山を舐めたらいかんのやな!と痛感しました。帰りに黒滝の道の駅で、黒滝名物のこんにゃくを頂いて帰りました。

コメント
のんちゃん
いい天気に恵まれてラッキーでした。僕が前だと心臓がバクバクするくらいペースが速くて、ついてこれないらしいです!それでいつも母ちゃんが前を歩くようにしてます。ハードでも景色や草花を楽しみながらなので、何とかクリヤーしています。でも帰りは膝が痛いです。イワカガミの花の群生は感動ものでした!それから心配してくださってありがとうございます。気をつけて楽しい山歩きを続けいきたいと思っています。

たかっさん│URL│2007/06/22(Fri)18:11:06│ 編集
きれいです♪
お天気よくて、どの写真もすばらしい景色ですね。
地面がどれも斜めになってるので、登山が険しいのがわかります。
いつも奥さんが前を歩いて、それを見守りながら後ろから歩かれるのですね。
それにしても こんなハードな山を歩かれた奥さんはすごいです。
最後、怪我がなくて無事でよかったですね!
これからも気をつけてください。
イワカガミの群生に出会えて何よりでした♪ 

のんちゃん│URL│2007/06/22(Fri)11:16:36│ 編集
まいど2さん
まいどです!上級者の域なんてとんでもないですよ。帰りに6人、それもかなり年配の方にあっさりと抜かれました。(凄く早いペースだったのでビックリしました)お箸代わりに枝木も中々良さそうですね、こんどナイフ買って持って行くことにします。オオヤマレンゲどんなものか是非見たいです。これからも山情報宜しくお願いします。

たかっさん│URL│2007/06/20(Wed)18:14:19│ 編集
これはすごい
今晩はこの記事簡単に書いてますが、レンゲ辻から伊勢辻に出て稲村ヶ岳に登るのはもう上級者の域なんですよ
大体のかたは稲村から伊勢辻経由レンゲ辻に出ます。(女性がいる場合)
箸をしょっちゅう忘れる私は今日も山で枝木で
箸にしました。7月はじめの行者環トンネルから弥山のオオヤマレンゲオススメします
私も雨でも登るつもりです
開花時期は弥山小屋に電話して訪ねます

まいど2│URL│2007/06/19(Tue)22:58:12│ 編集
スロートレックさん
緑がますます濃くなり、美しさを増してくれているように思います。(奥様もすっかりカッコイイ山女って?)当りです!いや山姥かも?冗談はこれくらいにして、楽しく登山を続けられるようお互い気をつけましょう。「大普賢岳きっついですよ!」ちょっとヘコみますが頑張ります。レポ楽しみにしてて下さい。

たかっさん│URL│2007/06/18(Mon)23:19:47│ 編集
ゆきうさぎさん
前回行った時は、何とも思わなかったのですが、渓流沿いで滑りやすかったのが、堪えました。お箸をわすれてあせっていたのか、木の枝までは、気が付かなかったです。たまたま山小屋が開いていたので助かりました。気を付けよぉ~と!

たかっさん│URL│2007/06/18(Mon)22:56:02│ 編集
ソウルさん
言ってたとうりでしたは、下りキツク膝ガクガクで釈迦以来でかなり堪えました。母ちゃんはかすり傷一つ無く無事でした。

たかっさん│URL│2007/06/18(Mon)22:36:27│ 編集
いい画像ばっかり!
新緑のレンゲ谷最高に美しいですね
なんだか奥様もすっかりカッコいいヤマ女じゃないですか!いいなぁ~でも最後の最後にヒヤヒヤでしたか?良かったですね無事で、やはりアクシデントは下山時のホットした時に何でも無いところで起こることが多いそうなので気をつけて!
次回は大普賢岳ですかぁ気合入れて下さいね、きっついですよー応援してますワ。

追記
定番の九条ネギこれまたカレーに合うのよねー美味しそ。

スロートレック│URL│2007/06/18(Mon)21:56:39│ 編集
稲村がこんなにきついんだとは知りませんでした。若いころに連れて行ってもらったのでどこから登ったのも覚えてなくて頂上の展望台だけ記憶に‥
それにしても道が壊れていたり朽ちた大木があったりこけたりとひやっとすろ場面がありましたね。
読んでいるだけでちょっと冷や汗が出ました。
近辺の夏山といえども侮るなかれという感じですね。
お箸のかわりに木の枝ではだめでしたか~^^

ゆきうさ│URL│2007/06/18(Mon)06:44:54│ 編集
おーこわ!
まいど!
レンゲ辻経由はなかなかヘビーやったやろ?
登りはとにかく下りがかなり膝にくるからなぁ。
最後の転倒の場面想像するだけで鳥肌もんや。
擦り傷だけですんだらええけど・・お大事に。

blueeyedsoul│URL│2007/06/17(Sun)22:22:06│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/13-00818935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する