Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:05:13
2007年8月12日(日) 大普賢岳を周回してきました龍神蔦
約2ケ月ぶりの山歩き、何処に行こうか?そうだ和佐又犬に会いに行こうという事で、大普賢岳に決定しました。
緑星
自宅を4時30分に出発しました。途中のスーパー駐車場で、ソウル先輩を待つK氏を見かけご挨拶。しばらくするとソウル先輩が到着。お互い安全にという事で、先に出発しました(5時05分)R24~R169 和佐又山ヒュッテに7時20分到着。身支度をして7時30分にヒュッテを出ました。

香月
登山届を済ませ

熊楠
登山口入口には登山者を歓迎するかのように、綺麗なユリが咲いていました。

20070813201903.jpg
久しぶりでルンルンのスタートです。

20070813202221.jpg
20分程で和佐又山と大普賢岳の分岐点に着きました。

20070813210243.jpg
地図を確認して

20070813210421.jpg
気持良い自然林の中を進みます。

20070813210956.jpg
しばらく行くと笙ノ窟・石の鼻の標識があり、ますます期待にワクワクドキドキ!

20070813211922.jpg
すぐに大きな岩肌が!

20070813212549.jpg
あまりのスケールにビックリ!シタンの窟です。朝日窟とつづき

20070813214008.jpg
笙ノ窟で今日の安全をお願いしました。

20070813214925.jpg
最後の鷲の窟

20070813215506.jpg
岩場の急登を息を切らせ頑張ります。ここでハプニング日本岳手前で、デジカメが無いのに気づき、来た道を探しに戻りましたが、見付らずトホホ!キッパリあきらめて大普賢岳をめざしました。

20070814202038.jpg
やっぱり気になるデジカメ!ハァ~っと、ウエストポーチのポケットに手を!アレレ、何やコレ!落としたはずのデジカメが有りました。

20070814204741.jpg
デジカメも出てきて(笑)綺麗な景色をパチリ!

20070814203850.jpg
イワカガミが鏡のように、輝いていました。

20070814204350.jpg
鉄梯子を恐々と登り

20070814211148.jpg
石ノ鼻に

20070814211259.jpg
石ノ鼻からの展望

20070814211730.jpg
石ノ鼻からのパノラマをどうぞ!

20070815082259.jpg
またまた鉄梯子いくつあるのやら?

20070815082558.jpg
9時48分小普賢岳の取次ぎに。

20070815082949.jpg
見上げるとトホホ!ガスでさっぱりです。

20070815083207.jpg
見晴しは最高だけど、足元がクレーチングなので下が丸見えア~恐い恐い。

20070815090207.jpg
あともう少しで山頂だ!

20070815090435.jpg
10時30分、3時間ジャストで大普賢岳1779.9m山頂に到着しました。

20070815090933.jpg
ところが山頂には、先着が30人程居られてちょっとガックリ

20070815091856.jpg
とりあえず、三角点を確認して。

20070815092024.jpg
少し離れた所で早い昼食をとりました。本日は冷やし中華と定番のワサビ菜のおにぎりです。

20070815092507.jpg
先客が行かれるのを待っている間にガスもなくなってきました。稲村ヶ岳・大日山が凄く綺麗です。

20070815093127.jpg
ショウタンさんのプレート発見しました。本間に山は楽しいですね!

20070815093357.jpg
稲村ヶ岳方面のパノラマをどうぞ!

20070815093530.jpg
弥山・八経ヶ岳方面のパノラマをどうぞ!

20070815093836.jpg
アレレ?あっという間に真っ白になってしまった。そろそろ出よか、ピストンで帰るか?周回するか?ソウル先輩からはこの季節だし周回はキツイで!とは聞いてましたが、かあちゃんが鉄梯子を降りるのはイヤヤの一言で周回に決定。11時20分山頂を後にしました。

20070815095110.jpg
シロヤシオ?が綺麗です。

20070815095238.jpg
気持のいい稜線が何とも言えません。

20070815095526.jpg
山頂から20分程で水太覗です。

20070815095831.jpg
見事な景色に大満足!

20070815100119.jpg
ここでやっときます的命!

20070815100707.jpg
山頂から1時間で分岐点の標識に。

20070815100918.jpg
大・中・小の揃い踏み?

20070815101107.jpg
薩摩転げの入口。

20070815101304.jpg
鎖場は思っていたより楽勝でした。

20070815101524.jpg
薩摩転げを経て稚児泊に出ました。

20070815101759.jpg
苔生してトトロないい感じでした。

20070815102053.jpg
ここでもやっときました的命!

20070815102421.jpg
国見岳を過ぎたのに気が付かず、七つ池にでました。

20070815102755.jpg
鎖場やコブを越えて13時23分に七曜岳1584mに到着。

20070815103127.jpg
少々疲れが出てきたので、フルーツゼリーとアイスコーヒーでちょっと休憩です。

20070815103433.jpg
七曜岳からバリゴヤの頭がハッキリ観えてとても綺麗でした。

20070815103948.jpg
七曜岳からすぐに何とも言えない絶景が!オイオイ何処まで乗出すの見てるこっちが恐いです。ハイ!

20070815104520.jpg
ここからの景色が本日最高に思えました。

20070815104906.jpg
大峰奥駈道13時40分

20070815105211.jpg
無双洞分岐からは、木の根が絡む露岩の尾根をひたすら下ることに。

20070815105711.jpg
和佐又山ヒュッテへの標識が現れホットしたのもつかの間でした。小さい字で約3時間アレレ!時計を見ると14時25分ドキ!奈良県の山の本だと大普賢岳山頂から3時間35分でヒュッテ到着になっているのに余裕からいっきに不安に。

20070815110958.jpg
無双洞前に15時15分に何とかたどり着いたが、かあちゃんも私も膝と爪先が痛くて痛くて、限界ちかくでした。

20070815111949.jpg
水簾ノ滝が少し元気をくれたように感じました。

20070815112239.jpg
石灰岩の涸れた沢を渡り

20070815112434.jpg
20m程の岩盤を鎖、アングルを頼りに慎重に登り、和佐又コルを経て和佐又ヒュッテに着いたのが17時ジャストでした。

20070815113002.jpg
疲れを、和佐又犬が吹っ飛ばしてくれました。

20070815113029.jpg
最初は警戒してましたが

20070815113052.jpg
このとうり

20070815113833.jpg
お腹をむけてあまえてくれました。全工程9時間30分かなりハードでしたが、とても楽しい一日でした。ショウタンさんの言葉をお借りします。本当に「山は楽しい!」

コメント
ゆきうさぎさん
こんにちは!私も高所恐怖症だったんですが、回数を重ねるごとに克服してきているって言うか、マヒしてきてる感じです。汗ダラダラで登りきった山頂は、涼しいし景色も良いし最高ですよ!和佐又犬ちゃん可愛いでしょう!連れて帰りたいくらいでした。和佐又犬ちゃんは純粋の紀州犬らしいですよ!

たかっさん│URL│2007/08/17(Fri)14:48:52│ 編集
わお
またまたスリル満点の梯子 クサリ場ですね~慣れた方ならどうってことないような箇所でも高所恐怖症の私からみればどの写真もこわ~~いって感じです
暑い夏にみなさん頑張りますね~
最後のわんちゃん、とってもかわいい~
コテツくんの子供かと思っちゃった^^;

ゆきうさ│URL│2007/08/17(Fri)13:37:24│ 編集
ショウタンさん
初心者の私達は、あらかじめコースタイムを把握して予定をたてるのですが、今回みたいに3時間も誤差があると勘弁してよってなりますね!無事に帰れたのでよかったですけど。

たかっさん│URL│2007/08/16(Thu)09:24:34│ 編集
出遅れました
どうも奈良県の山のコースタイムが間違っているようですね。ウルトラマンで7時間かかりますから9時間は拍手もんです。ソウルさんも七曜に行けばバッタリであったかも
日本岳が文殊岳と言うのは知りませんでした
カメラをきっぱりあきらめました。山は決断が大切です。この言葉を聞いてオッ男と思いました
でも出てきて良かったですね
でも思いっきり吹き出しましたよ(^_^)

ショウタン│URL│2007/08/15(Wed)23:26:55│ 編集
スロートレックさん
ホント!なんとか周回できましたが、かなり堪えましたわ。和佐又犬にも会えたし景色も最高だったし大満足でした。秋の紅葉時期に私んちもまた行く予定です。

たかっさん│URL│2007/08/15(Wed)18:03:26│ 編集
おおっ!行かれましたね周回コース!
>鉄梯子を降りるのは絶対イヤちゅうから周回コースに

かあちゃん、大胆な発言に少し後悔?よくぞ頑張りましたよね!いい山でしょ~何度歩いても、こうしてレポ見てるとまた行きたくなるんですよね。国見岳は分かり難いんですよ、まぁ分かったところで大した事はないのですが(笑)
たかっさんちに先を越された我家は秋に周回してきますワ(ドキドキ)

スロートレック│URL│2007/08/15(Wed)17:29:17│ 編集
blueeyedsoulさん
まいどです!嫁はん曰くとにかく、鉄梯子を降りるのは絶対イヤちゅうから周回コースにしただけですよ。それにしても激下りはかなり堪えましたわ!ワンちゃん最高やったで。また会いに行ってやってよ。

たかっさん│URL│2007/08/15(Wed)14:52:12│ 編集
お疲れ~!
まいど!
チミはともかくMちゃんよう頑張ったな。
まさか二人であの周回コースを周ってくるとは。
しかしワンコかわいいなぁ、レポ見たら
また行きたくなってきたよ。

blueeyedsoul│URL│2007/08/15(Wed)12:44:10│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
石灰岩の石垣)石灰岩(せっかいがん、limestone)は、炭酸カルシウム(CaCO3、方解石または霰石)を主成分とする堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し灰色や茶色や黒色の石灰岩もある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666

2007/09/29(土)12:47:54|パワーストーンと鉱物
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/16-78811868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する