Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
20:03:13
ー3年ぶりの御嶽山登山の巻ー
2013-9-28 御嶽山_R064
前回のリベンジ登山は晴れてはいたが、ガスで素晴らしきはずの展望を見ることが出来なかった。
ならばと再リベンジだ!それとあと一つ楽しみがあって御嶽山へ行って来ました。

田の原駐車場(7:30)-八合目(8:26~8:37)-九合目(9:19)-大滝頂上(10:05~10:15)-剣ヶ峰(10:43~11:02)-お昼休憩(11:05~12:15)-田の原駐車場(13:56)
2013-9-28 御嶽山_R000

2013-9-28 御嶽山_R001
かあちゃんの仕事が終わって支度をして家を出たのが18時過ぎ、宿泊地の道の駅「三岳」に着いたのが午前2時をまわってた。お疲れちゃ~ん乾杯!


2013-9-28 御嶽山_R003
眠たい目を擦りながら無事に田の原駐車場に到着。


2013-9-28 御嶽山_R008

2013-9-28 御嶽山_R010
鳥居をくぐって御嶽山登山のはじまりはじまり
目の前のどっしりと構える御嶽山と青い空が早よおいで~って言ってるような・・


2013-9-28 御嶽山_R013
田の原大黒天。とりあえずお参りしときます。


2013-9-28 御嶽山_R018
御嶽山大黒天の背後にめざす剣ヶ峰が見える。


2013-9-28 御嶽山_R017
振り返るとこの景色だ!


2013-9-28 御嶽山_R021
平坦な遊歩道の先に大江権現が現れ、ここから樹林帯の登りの始まり。


2013-9-28 御嶽山_R022
田の原駐車場がすでに2100m越え前回は高山病のような症状が出ましたが、この日も何か息苦しくて(かあちゃんも)超スローで登りました。


2013-9-28 御嶽山_R026
「あかっぱげ」から徐々に森林限界に


2013-9-28 御嶽山_R027
あかっぱげから振り返って見るこの景色、雲海と飛行機雲と太陽のコラボが何ともオシャンティーでした。


2013-9-28 御嶽山_R028
標高約2500mの金剛童子まで来ると森林限界となる。
歩きはじめて1時間、体も限界ちょっと休憩しよーっと。


2013-9-28 御嶽山_R031

2013-9-28 御嶽山_R034

2013-9-28 御嶽山_R035
眼下の眺望を楽しみながら朝食休憩。


2013-9-28 御嶽山_R036
この辺りから登山道は岩場道になります。


2013-9-28 御嶽山_R037
見た目よりしっかりした道なので歩き良いです。


2013-9-28 御嶽山_R039

2013-9-28 御嶽山1_R000
景色を楽しみながらゆっくりゆっくり登る。


2013-9-28 御嶽山_R043
八合目石室


2013-9-28 御嶽山_R050
富士見岩


2013-9-28 御嶽山_R052
九合目、一口水とがんがんゆっくり通過。あぁ~しんどい!


2013-9-28 御嶽山_R053
しんどくなったら景色を見て深呼吸でホッ!


2013-9-28 御嶽山_R056
山頂山荘まであと少しやのに~中々着かないのよね!


2013-9-28 御嶽山_R059
登山口から2時間5分、大滝頂上山荘に到着。


2013-9-28 御嶽山_R061
奥の院方面を覗いて見る。エエ展望でしょう!


2013-9-28 御嶽山_R067

2013-9-28 御嶽山_R068
頂上奥社を抜けると・・


2013-9-28 御嶽山_R069
草木の無い荒涼とした風景に一変する。


2013-9-28 御嶽山_R073
ぼちぼち歩いて行きまひょか~


2013-9-28 御嶽山_R074
まごころの塔


2013-9-28 御嶽山_R075
御神火斎場を通過して


2013-9-28 御嶽山_R077
岩のゴロゴロ道をヒ―ハー登る。


2013-9-28 御嶽山_R083
あと少しガンバ!


2013-9-28 御嶽山_R084
剣ヶ峰山荘に到着


2013-9-28 御嶽山_R085
ここをよじ登って・・フーッ!


2013-9-28 御嶽山_R086
山頂の奥社に到着


2013-9-28 御嶽山_R087

2013-9-28 御嶽山_R088
景色は最高!


2013-9-28 御嶽山_R089

2013-9-28 御嶽山_R090

2013-9-28 御嶽山_R091

2013-9-28 御嶽山_R095

2013-9-28 御嶽山_R100

2013-9-28 御嶽山_R103
再リベンジの御嶽山、思う存分素晴らしい景色を楽しませてもらいました。


2013-9-28 御嶽山_R106

2013-9-28 御嶽山_R107

2013-9-28 御嶽山_R104
山頂で昼食をと思ってましたが火気厳禁、場所を変えてお昼にします。
本日は肉うどんとプレミアムでご馳走さま。
こんな景色を見ながらいただくうどんの旨いこと!


2013-9-28 御嶽山_R109
食後は、もう1つのお楽しみへ急いで下る。


2013-9-28 御嶽山_R114
岩場をピョンピョン、あかっぱげをササッと通過。


2013-9-28 御嶽山_R119
あっと言う間ではないけど田の原登山口に無事に帰って来ましたが膝がガクガクでした。

お楽しみ!
2013-9-28 御嶽山_R121

2013-9-28 御嶽山_R122

2013-9-28 御嶽山_R123

2013-9-28 御嶽山_R124
もう1つのお楽しみは、この子(ドンくん)に会うことでした。
今年で10歳になったそうです。元気で長生きしてね!

おまけ
2013-9-28 御嶽山_R127
おまけは奈良井宿、目的は曲げわっぱ弁当箱をゲットすること。


2013-9-28 御嶽山_R128

2013-9-28 御嶽山_R129

2013-9-28 御嶽山_R130
木曽のぬりもの「湯筒屋漆器店」さんへ
曲げわっぱの作り方、漆器の塗り方等、詳しく教えていただきました。


2013-9-28 御嶽山_R160

2013-9-28 御嶽山_R162
二段の曲げわっぱ弁当箱、使う日が楽しみやなぁ~


翌日は(雲海から登る朝日をおがもうと思ってたのですが、登った朝日の眩しさに目覚め残念!
2013-9-28 御嶽山_R134
でも、めちゃくちゃエエ最高の景色を見ることが出来ました。


2013-9-28 御嶽山_R135

2013-9-28 御嶽山_R137

2013-9-28 御嶽山_R144

2013-9-28 御嶽山_R149
美ケ原の素晴らしい朝におおきにでした。


2013-9-28 御嶽山_R157
寄り道・・・鼻岩


2013-9-28 御嶽山_R159
お土産のキノコたち

おしまい!



コメント
hanasakuさん
>最高の再リベンジでしたね
はい、ドンピシャで最高の御嶽山登山を楽しむことが出来ました。
田の原へはアクセスも容易ですし、剣ヶ峰まで最短のコース。危ない箇所もなく景色を楽しみながらのこのコースはお勧めで~す。

たかっさん│URL│2013/10/15(Tue)21:04:19│ 編集
No title
最高の再リベンジでしたね
なんと言っても空一面に広がっる青空がいい
何度か御嶽山に足を運んだのですが、すべてロープウエイで
田野原口から一度挑戦してみたくなりました

hanasaku│URL│2013/10/15(Tue)14:25:22│ 編集
ルネさん
日頃の行いが良いっうか、ホンマに良い天気で気持ち良く最高の登山が出来ました。
アッ!言われてみればそうですね。王滝頂上奥社から剣ヶ峰までのあのザレの斜面には草一本も生えていないですね!

>翌日の朝日はどこから?
奈良井宿を出た後、温泉を求めて走っていたら松本まで行っちゃいました。
ならば今宵の宿泊地は美ケ原で決まりやね、と言うことで道の駅「美ケ原美術館」へ
そこの駐車場からの朝日で~す。

>ドンくんって、どこかで聞いたような??
うぅ~ん・・??

たかっさん│URL│2013/10/11(Fri)08:49:31│ 編集
No title
これ以上ない!ってくらいの青空!
素晴らしい御嶽山を味わったんですね~
ところで、王滝頂上奥社から剣ヶ峰までのあのザレの斜面、夏山シーズンでもお花とか咲いていないんでしょうか?
昨年、6月の雪解けシーズンに登った時、ホントに石と土だけ!で、余りの味気なさに唖然としたのですけど・・ (^^ゞ

翌日の朝日はどこから?
また田ノ原に上り返したのでしょうか?

で、ドンくんって、どこかで聞いたような??


ルネオバ│URL│2013/10/10(Thu)20:16:34│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/259-ed4f8022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する