Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:03:21
ーブナ原生林の紅葉トレッキング・夜叉ヶ池ー
2014-10-25 夜叉ヶ池_R110
紅葉情報を検索していたら中々おもしろそうなのを見つけました。
「雨乞いの神様である龍神が棲むと言い伝えのある伝説の池「夜叉ヶ池」。その昔、 干ばつに苦しむ美濃の国神戸の村人のために、龍神のもとへ嫁いで雨を降らせたという 伝説が残っています。池に至るまでの登山道は、ブナの原生林の紅葉がすばらしいです 。」全国観るなびより
大好きなブナの原生林の紅葉の下を歩いて稜線上の池を目指す!そしてこの池にしか生息しないというヤシャゲンゴロウを見るを目的に歩いて来ました。
2014-10-25 夜叉ヶ池_R195


2014-10-25 夜叉ヶ池_R196
車中泊のお世話になる「夜叉ヶ池の里 さかうち」まであと少しのところで、道路脇から黒い物が飛び出て来て立ち上がったような?一瞬の出来事だったのでブレーキを掛けたが間に合わずドーン!あかん動物を撥ねてしまった。
戻って確認すると小熊(中型犬くらい)でした。その側に大きな母熊が横たわっていていました。先に撥ねられて亡くなった母熊から離れることが出来なかったのでしょうね。
揖斐川派出所に連絡して他の車に撥ねられないよう対処していただきました。
今年はブナ・どんぐりなどの木の実が大凶作らしく頻繁に里に熊が出没しているとのことでした。
派出所に処置をして下さる猟師さんが来て亡くなった2匹とは別の熊が山に入るのを見たと言ってました。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R197
事故処理等で道の駅に10時過ぎに到着。かなりショックな出来事だったけど、とりあえず前夜祭です。食欲ないなぁ~


2014-10-25 夜叉ヶ池_R000
6:15起床。トイレを済ませて登山口へ向います。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R001
対向車が来たらどうすんのやろか?くらいの道をくねくね7:30登山口着。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R003


2014-10-25 夜叉ヶ池_R004
登山案内を読んでから出発です。7:43


2014-10-25 夜叉ヶ池_R007
登山口から一旦谷に下り、その先から緩やかな登りになる。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R008
少し登ったところから覗いた谷の美しいこと!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R011
その奥の谷は濃い緑と斜面の紅葉のバランスの良いこと!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R017
谷からテクテク登り日が射して眩しい道に出たところでカツラの良い香りに足が止まる。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R021
オレンジ色に染まる山におぉ~エエなぁ~


2014-10-25 夜叉ヶ池_R024
紅葉日和にご機嫌さんのかあちゃんの足取りは軽い!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R026
暫く行くと夜叉壁が見えて来た。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R037
真っ赤に染まるモミジと青空


2014-10-25 夜叉ヶ池_R042


2014-10-25 夜叉ヶ池1_R005


2014-10-25 夜叉ヶ池_R046


2014-10-25 夜叉ヶ池_R047
ブナの原生林に入ると一段と紅葉が綺麗になって来た。


2014-10-25 夜叉ヶ池1_R006
このブナ原生林の主かな?記念にパチリ!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R056
原生林を抜けると夜叉壁の迫力を感じる景色に変わる。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R061


2014-10-25 夜叉ヶ池_R067


2014-10-25 夜叉ヶ池_R066
そして現れた幽幻の瀧、水量は少ないけれど見上げて見るこの滝の美しさに溜息が・・・


2014-10-25 夜叉ヶ池_R068


2014-10-25 夜叉ヶ池_R070


2014-10-25 夜叉ヶ池_R069
色彩豊かな紅葉を眺めながらゆっくりのんびりの山歩きが楽しい!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R071
振り返って見るブナ原生林が美しいな!中々前に進まないのよね~


2014-10-25 夜叉ヶ池_R073
三周ヶ岳方面を見上げるウン素晴らし~い!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R075
この荒々しい壁の大迫力にガーン!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R080


2014-10-25 夜叉ヶ池_R081
荒々しい壁から昇龍の滝が流れ落ちてる。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R085


2014-10-25 夜叉ヶ池_R088
この夜叉壁を登れば夜叉ヶ池だ。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R090
見おろして見るとこんな感じ、ロープが掛かっているがあまり必要なかった。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R095
よっこらしょっと!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R097
稜線に到着9:30。先ずは夜叉ヶ池に降りずに夜叉ヶ池山へ向う。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R100
細い岩場の急登、慎重に登るかあちゃん。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R103
岩場から直ぐに笹藪に突入するが背丈を越えるところもあり歩きにくい。
かあちゃんの頭だけ見えている。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R106
笹藪を掻き分け夜叉ヶ池山1212mに到着。9:50


2014-10-25 夜叉ヶ池_R105


2014-10-25 夜叉ヶ池_R107


2014-10-25 夜叉ヶ池_R108
山頂からは360度遮るものがない大展望が広がっていました。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R110
下りの途中で三周ヶ岳の山頂を前方に見据え、眼下の夜叉ヶ池を望む。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R114
アップはこんな感じでハート型です。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R118
夜叉ヶ池1099mに着地。10:14~10:48


2014-10-25 夜叉ヶ池_R121


2014-10-25 夜叉ヶ池_R132


2014-10-25 夜叉ヶ池_R130
紅葉した木々に包まれ神秘的な静けさを感じさせてくれる素敵な池です。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R129
木道の休憩所で朝食です。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R134
ゆっくり楽しみたかったけど、どんどん人が増えてきたので退散します。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R144
ヤシャゲンゴロウを見ることも出来たし大満足だ!さぁ帰ろう。


日射しの具合か登りより色鮮やかに一段と濃くなった紅葉を楽しみながら下りました。
2014-10-25 夜叉ヶ池_R151


2014-10-25 夜叉ヶ池_R152


2014-10-25 夜叉ヶ池_R155


2014-10-25 夜叉ヶ池_R156


2014-10-25 夜叉ヶ池_R165


2014-10-25 夜叉ヶ池_R172


2014-10-25 夜叉ヶ池_R179


2014-10-25 夜叉ヶ池_R181
日射しに染まる色彩豊かな紅葉とブナの黄葉、まるで絵画をみているような素晴らしい景色、一年分のカラ―を楽しませてもらいました。

ー神秘的な静けさの夜叉ヶ池、壮麗なブナの原生林に日が射して鮮やかな秋色の光景がひろがっていたー



2014-10-25 夜叉ヶ池_R200
下山後(12:28)のお楽しみは、モチのロンの昼ごはん。昨夜お世話になった「夜叉ヶ池の里 さかうち」へ。
ここの名物はダチョウ料理をいただけるのだ!
かあちゃんはダチョウのハンバーグ定食をご注文。お味は・・?うぅ~ん普通で☆一つ。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R201
僕はステーキの陶板焼きをいただきましたが、お味は・・・・・?硬くて米牛の赤身肉を食べてるようでの普通/2で★一つでした。残念!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R202
揖斐川市街方面へ走り、調べておいた白滝の湯で一日の汗を流します。
さてさて、ここからが我家らしいいつもの行動で岐阜県揖斐川から福井県小浜へ、晩ご飯を食べにひとっ走りだ!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R203
調べておいたお食事処「かねまつ」さん


2014-10-25 夜叉ヶ池_R204
店内の雰囲気は庶民的でエエぞ~


2014-10-25 夜叉ヶ池_R206
先ずはノンアルで乾杯!お疲れちゃん!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R207


2014-10-25 夜叉ヶ池_R208
僕は上のお刺身定食、かあちゃんは海鮮丼をいただきました。お味は?☆一つでした。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R210
いつもの道の駅で一夜を過ごし、翌朝もいつもの市場へ


2014-10-25 夜叉ヶ池_R212
いつものニャン子が向えてくれた。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R213
干しアナゴをゲット!これが旨いのよね。焼いてヨシ!天ぷらヨシ!超お勧めで~す。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R189
帰りに瓜割の滝の湧水を汲みに行きました。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R194
まだ開いてないのにお店に購入交渉中。採れたて野菜を激安ゲットだ!


2014-10-25 夜叉ヶ池_R214
帰りのお昼は、キッチン「四季」さんへ これが3度目です。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R215


2014-10-25 夜叉ヶ池_R216
いつもの席に着く。良い雰囲気で落着くお店です。


2014-10-25 夜叉ヶ池_R217


2014-10-25 夜叉ヶ池_R218
かあちゃんはローストンカツ、僕は近江牛のステーキ丼をいただきました。
ローストンカツは肉厚でジューシー、コクのあるソースなのにあっさりしていてメチャ旨い!
ステーキ丼はお肉は柔らかく旨汁がジュワーと出てきてガーリックチップと良く合いこれまた旨し!
☆☆☆☆☆5つでした。

おしまい



コメント
パセちゃんさん
はじめまして!ご縁に感謝です。
今回行った夜叉ヶ池は、天候に恵まれ澄みきった青空に赤や黄の紅葉が映えて素晴らしい一時を楽しむことが出来ました。
下山後のグルメも楽しみでコレがないとかあちゃんの機嫌が悪くなりま~す。
ダチョウの肉の味は米牛の赤身肉のような味で硬くてイマイチでした。鶏の方が旨いですね!

>これからも楽しませていただきます(^.^)
よろしくお願いします。

小熊ちゃん、本当に残念です。もう少し早く気付いていてあげてたらと・・・
昨今の異常気象もあるのでしょうか?この地域の山には食べるものがほとんど無く生きる為に必死で人里にまで来ているとのことでした。
うまく共存が出来ればとは思うのですが、難しいようです。

>たかっさんご夫婦に怪我がなくて良かったです。
ありがとうございます。

たかっさん│URL│2014/11/06(Thu)22:19:43│ 編集
はじめまして(^.^)
初めて拝見いたしました。

青空と紅葉🍁
きれいな写真がいっぱいですね。

ご夫婦で共通の趣味を楽しむって素敵だと思います。
グルメレポートも楽しいですね。
ダチョウってどんなお味がするんでしょ❓❓

これからも楽しませていただきます(^.^)

追記
小熊ちゃん、残念でしたね。
最近は、熊や猪や鹿たちが人里に現れるというニュースをよく聞きます。
動物たちはただ食べる物を求めてやってくるのでしょうが、人間たちにとっては害になることも。
難しいですね。
でも、たかっさんご夫婦に怪我がなくて良かったです。








パセちゃん│URL│2014/11/05(Wed)20:43:20│ 編集
ルネさん
今回の紅葉トレッキングは大正解でした。
ここのブナの原生林はホンマに見ごたえありました。夜叉ヶ池も良かったですよ!
小浜へ行ったホンマの理由は、おさかなセンターの干しアナゴなのです。旨いもん求めて頑張って走りました。
キッチン四季は超お勧めですので近くに行かれましたら是非お立ち寄りして下さいね!

小熊には本当に悪いことしたなとあと少し早く気付いてあげていたらと・・・
猟師さんが言ってましたが、今年は深刻な大凶作で熊も食を求めて必死だそうです。
それと、熊の力は半端なく人なんて一たまりもなよ!と猟師さんが言ってました。ホント山道で遭遇しなくて良かったです。

たかっさん│URL│2014/10/30(Thu)22:57:05│ 編集
No title
あ!飛び出してきた熊のこと、書き忘れました。
今年はそんなに人里近くまで下りてきてるんですね~
山道を歩いていて遭遇したのでなくて幸いでしたね!(>_<;)

ルネオバ│URL│2014/10/30(Thu)21:49:28│ 編集
No title
は~・・素晴らしいブナの黄葉!
山全体が黄金色になるのね!
夜叉ヶ池も行きたいと思いつつ、なかなか行けません。

で?ダチョウ?
う~ん、ちょっとね・・・
でも、どうしてそんなところでダチョウなんでしょ?飼育してる?輸入?

旨いモン巡り、最後の四季で一発逆転だったのね!
けど、さすがたかっさん!
旨いモン求めて、岐阜から遥々小浜まで足を延ばすのね!脱帽です (⌒~⌒;)

ルネオバ│URL│2014/10/30(Thu)21:46:29│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/298-9ec1ac93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する