Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:05:49
ー香住の旅ー
2015-4-4~5 香住の旅_R018
旨いもん探しをしていたら香住で良いものを見つけました。
それはカニが終わって桜が咲く時期に旬を向える桜エビ(白エビ)。
こいつは傷みが早いために地元でしか味わえない代物らしく、そんなのが分かったら行かずにいられない性格が難儀です。
ただそれだけで香住に遊びに行って来ました。
2015-4-4~5 香住の旅_R044

2015-4-4~5 香住の旅_R047

2015-4-4~5 香住の旅_R050
香住に向う途中の兵庫県朝来市辺りから桜が目立ち始め、ほとんどの河川沿いに桜が植えられていて、どこの子も綺麗に咲き誇っていました。


2015-4-4~5 香住の旅_R052
道中で酒蔵「香住鶴」に寄道。かあちゃんに利き酒をしてもらい旨い1本をゲットだ!


2015-4-4~5 香住の旅_R055

2015-4-4~5 香住の旅_R060

2015-4-4~5 香住の旅_R061

2015-4-4~5 香住の旅_R062
今回の旅で予定している余部鉄橋に行く途中に但馬松島~三田浜海岸が、これは行かない手はない。
しかし、天気がイマイチ晴れていたら素晴らしい景色なんだろうなとガックリでした。


2015-4-4~5 香住の旅_R064
さてさて余部鉄橋はいかがなものかな?


2015-4-4~5 香住の旅_R065

2015-4-4~5 香住の旅_R066
道の駅「あまるべ」Pに車を停めて余部鉄橋の「空の駅」へ向う


2015-4-4~5 香住の旅_R068

2015-4-4~5 香住の旅_R069
鉄橋の一部が残されていますが、以外と細い骨組感でこの上を電車が走っていたと思うとちょっと怖いな!


2015-4-4~5 香住の旅_R071

2015-4-4~5 香住の旅_R074

2015-4-4~5 香住の旅_R072
空の駅までの歩道沿いにはスミレ・イカリソウ・水仙など大好きな山野草が道案内をしてくれました。


2015-4-4~5 香住の旅_R076

2015-4-4~5 香住の旅_R078

2015-4-4~5 香住の旅_R081

2015-4-4~5 香住の旅_R082

2015-4-4~5 香住の旅_R083

2015-4-4~5 香住の旅_R085
余部鉄橋「空の駅」安全のため柵がされていますが、高度感は中々なものでありました。


2015-4-4~5 香住の旅_R086

2015-4-4~5 香住の旅_R087
嬉しい出会いがありました。この子は秋田犬のスズちゃんです。
人見知りな子でしたが直ぐに友達になれました。大型犬は可愛いな!


2015-4-4~5 香住の旅_R090
余部鉄橋、天気の良い日にまた訪れよう。


2015-4-4~5 香住の旅_R092

2015-4-4~5 香住の旅_R094
お次は、今子浦の「かえる島」へ。古くから祈願岩として様々な願いを叶えてきたとされています。
北前船で航海に出た男たちが無事香住に「かえる」ことを祈願したのが始まりと言われています。


2015-4-4~5 香住の旅_R098

2015-4-4~5 香住の旅_R099
そして大引の鼻展望台へ。荒々しく男海感これが日本海だ!


2015-4-4~5 香住の旅_R104

2015-4-4~5 香住の旅_R002
さてさて今宵のお宿は湯宿「川本屋」


2015-4-4~5 香住の旅_R003
受付を済ませて部屋へ。その前に気になったのが囲炉裏の休憩所。うん落着いて良い雰囲気です。


2015-4-4~5 香住の旅_R004
案内された部屋も中々でゆっくりくつろげる良い空間です。


2015-4-4~5 香住の旅_R007

2015-4-4~5 香住の旅_R010

2015-4-4~5 香住の旅_R009
ピカピカに磨かれた廊下としっくい壁がとっても暖かいんだから~でした。


2015-4-4~5 香住の旅_R013

2015-4-4~5 香住の旅_R015

2015-4-4~5 香住の旅_R016

2015-4-4~5 香住の旅_R017

2015-4-4~5 香住の旅_R014
お風呂は小さかったけど十和田石の湯船に浸かり箱庭を眺めながらゆっくりまったり、日々の疲れも癒されました。


この旅のメインイベントの始まり
2015-4-4~5 香住の旅_R022

2015-4-4~5 香住の旅_R023

2015-4-4~5 香住の旅_R025
食事処は個室で紀州備長炭が壁に装飾された「炭の間」
料理は春の彩「香住かに&のど黒&旬のごちそう活白エビ」の特選香住かに会席です。


2015-4-4~5 香住の旅_R024

2015-4-4~5 香住の旅_R026
茹でカニ、酢の物、さざえの壺焼きを前に、先ずは食前酒で乾杯、つづいて生ビアーで乾杯だ!


2015-4-4~5 香住の旅_R027
つづいて出てきたのが旬のお造り盛り合わせ(1人前)このじてんでかなりのボリュウムです


2015-4-4~5 香住の旅_R028
メインの活白エビの登場。氷の山から飛び出すヤツmおりました。
臭みがまったくなくサッパリしていて旨味が後からジュワ~とくる旨いエビでした。


2015-4-4~5 香住の旅_R029
お次がのど黒の塩焼き、かなりの大きさで2人で丁度良いくらいサイズでしたが、一口食べると箸が止まりませんでした。


2015-4-4~5 香住の旅_R030
上品な味付けの茶碗むし


2015-4-4~5 香住の旅_R031
香住鶴の熱燗でちびちび、隣の鍋の蓋を中々開けられず休憩してると


2015-4-4~5 香住の旅_R032
旬の天ぷらが


2015-4-4~5 香住の旅_R033
残した白エビを陶板焼きに、これは絶品頭のみその旨いこと旨いこと
でも、もう満腹~


2015-4-4~5 香住の旅_R034
そこに霜降り和牛の石焼きがドッカーン!
これを食べたてギブアップ、開けられなかった鍋の蓋を持ち上げるとナント蟹すきが~もったいなかったけど手つけずでご馳走さまでした。
大食らいのボクもこのボリュームにはビックリでした。


2015-4-4~5 香住の旅_R037

2015-4-4~5 香住の旅_R038
囲炉裏を囲んでゆっくりくつろぐ時間が最高でした


2015-4-4~5 香住の旅_R039
部屋に戻ると手―ブルにおにぎりとデザート&コーヒーが置かれてました。
蟹すきのぞうすいの代わりの嬉しい心遣いでした。


2015-4-4~5 香住の旅_R040

2015-4-4~5 香住の旅_R041
朝食は湯豆腐が付いてこの品数、ごはんも美味しくて全部いただきました。
香住の旬の食材、海の幸・山の幸を産地で味い、箱庭を眺めながらゆったりと湯船でくつろぐちょっと贅沢な一時を過ごせました。


2015-4-4~5 香住の旅_R111

2015-4-4~5 香住の旅_R113
あまりにも白エビが旨かったので土産にと香住を探しまわったが見つからず、ならば城崎の「おけしょう鮮魚」はどやさとひとっ走り、狙いは的中小振りでしたが活白エビをゲットできました。

ーカニが何なん?香住白エビ最高に旨しー

コメント
ルネさん
今回の目的はただただ白エビを食らうで、ちょっと、いやいっぱい気合を入れてみました。あぁ~旨かった~

>ま、ワタシには~ったく無縁ですが・・・
何をおっしゃるやらん、富山駅前の「酒菜工房だい」のカワハギの肝たっぷりカルパッチョ覚えてますよん!

たかっさん│URL│2015/05/03(Sun)11:29:12│ 編集
No title
ん、ま~・・
今回は車中泊じゃあなかったのね?
何とも豪華なお料理!
ま、ワタシには~ったく無縁ですが・・・

ご馳走さま・・ ( ̄~ ̄;)

ルネオバ│URL│2015/05/02(Sat)20:31:49│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/311-31b3e8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する