Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
07:49:12
ーロマンチックな山名に魅かれて紅葉の雨飾山へー
2015-10-10 雨飾山_R040
昨年の秋に小谷村を訪れた時に、雨飾山という名のお酒を知り、日本百名山でもある雨飾山があることを知った。
新潟県と長野県の県境に位置し、山頂からは360度の展望が素晴らしく北アルプス、日本海など同時に見渡すことができる贅沢な山で、紅葉シーズンに特に人気がある山のようだ。
そんなエエお山に登らないなんて損々ということで雨飾高原キャンプ場から登って来ました。

2015-10-10 雨飾山_R000
和歌山から550kmの長距離を無事に走り雨飾高原キャンプ場に19時過ぎに到着。
明日の安全登山を祈願して軽~く乾杯だ!


2015-10-10 雨飾山_R004
5:30起床。駐車場は満車でトイレ待ちの列が出来ているのにはビックリです!


2015-10-10 雨飾山_R005

2015-10-10 雨飾山_R006
朝食と支度を済ませて6:30出発です。


2015-10-10 雨飾山_R007
天気は良いが寒くてブルブル温度計を見ると5℃だ


2015-10-10 雨飾山_R008

2015-10-10 雨飾山_R009
道沿いは山葡萄にマユミがあちこちに早くもテンション↑


2015-10-10 雨飾山_R011
歩き始めは平坦な木道歩きでとても気持ち良いです。


2015-10-10 雨飾山_R015
2/11 800m 雨飾山山頂まで180分 荒菅沢まで90分の標記
木道を過ぎてここから登りになります。


2015-10-10 雨飾山_R016
中々な登りやけど


2015-10-10 雨飾山_R019

2015-10-10 雨飾山_R023
紅葉を見ながら登るのでしんどさ半減です。


2015-10-10 雨飾山_R027

2015-10-10 雨飾山_R029

2015-10-10 雨飾山_R030

2015-10-10 雨飾山_R032
スタートから1時間くらいでブナ平に到着。やんわりと色づいたブナ林の綺麗なこと深呼吸して旨い空気をたっぷりいただく。


2015-10-10 雨飾山_R033
ホウノキは綺麗に薄化粧


2015-10-10 雨飾山_R034
ナナカマドは真っ赤に厚化粧


2015-10-10 雨飾山_R035
もう、どこを見ても秋色に綺麗に化粧がされて素晴らしい演出です。


2015-10-10 雨飾山_R038
登山道は下りに


2015-10-10 雨飾山_R040

2015-10-10 雨飾山_R042
しばらく下ると絶景ポイントに到着。雨飾山の岩稜と赤と黄と緑と空の青がうまい具合に折り重なり素晴らしい光景が広がっていた。


2015-10-10 雨飾山_R043
展望所から少し下ると荒菅沢だ。8:16


2015-10-10 雨飾山_R046
ここからの眺めもまた最高で心底震えるくらい感動の絶景でした。


2015-10-10 雨飾山_R047
荒菅沢にて記念に一枚パチリ。


2015-10-10 雨飾山_R052
沢を越えるといきなりの急登が待っていて中々のしんどさだ!


2015-10-10 雨飾山_R054
だけど横を見るとこの景色、元気が出るのだ!


2015-10-10 雨飾山_R064
振り返って見る景色も、これまた素晴らしい。


2015-10-10 雨飾山_R070
樹林帯を抜けて


2015-10-10 雨飾山_R071
岩場を登り


2015-10-10 雨飾山_R072
梯子を登り稜線へ


2015-10-10 雨飾山_R081
笹の稜線、笹平9:55。そして目の前にドカーンと雨飾山。


2015-10-10 雨飾山_R082

2015-10-10 雨飾山_R083
笹原の雄大な稜線の海原を泳いで雨飾山へ


2015-10-10 雨飾山_R084
稜線から下に目を向けると新潟県糸魚川市の町並みが見えた。


2015-10-10 雨飾山_R086

2015-10-10 雨飾山_R087
近づいて行くにつれ迫力が増す雨飾山。



2015-10-10 雨飾山_R089

2015-10-10 雨飾山_R092
山頂への急登の手前に素晴らしい絶景が、それが荒菅沢の谷間だ!
柔らかく滑らかな感じの白い岩肌と紅葉のバランスが何とも言えません!


2015-10-10 雨飾山_R093
最後の急登でハプニング、岩場のところでかあちゃんの前を行くおじいさんが足を滑らせ滑落、かあちゃんの右腕に当たりそして僕のところに落ちて来た、両手で背中を押すような形で受け止めたが危ない危ない、おじいさんが軽かったので良かったけど、後が無かったのでゾッとしました。


2015-10-10 雨飾山_R097

2015-10-10 雨飾山_R110

2015-10-10 雨飾山_R104

2015-10-10 雨飾山_R099

2015-10-10 雨飾山_R105
雨飾山山頂1963mに到着。10:30


2015-10-10 雨飾山_R100

2015-10-10 雨飾山_R102

2015-10-10 雨飾山_R111

2015-10-10 雨飾山_R112

2015-10-10 雨飾山_R113
360度の展望でしたが、山頂に着いた頃には霞がかってもう一つの景色でした。
でも北アルプス、後立山連峰、白馬岳、火打山、日本海etcを眺められて大満足でした。


2015-10-10 雨飾山_R116
山頂は人も多く風が強かったので30分ほど楽しんで下山開始。
女性の横顔に見える稜線を眺めながら下ります。


2015-10-10 雨飾山_R121

2015-10-10 雨飾山_R123

2015-10-10 雨飾山_R124
下山途中は何度も渋滞で足止め、だけどこの景色を見てると全然気にならない。


2015-10-10 雨飾山_R125

2015-10-10 雨飾山_R128
荒菅沢まで下って燃料切れ、おんちのお蕎麦でご馳走さま。


2015-10-10 雨飾山_R135
最後に振り返って・・・あぁ~涙が出そうや~


2015-10-10 雨飾山_R136

2015-10-10 雨飾山_R137

2015-10-10 雨飾山_R139
ブナの森ともお別れして下山しました。

ーロマンチックな山名がピッタリな素敵な山でしたー


(おまけ)
2015-10-10 雨飾山_R148
道の駅「よしかわ杜氏の郷」より米山を望む


2015-10-10 雨飾山_R160

2015-10-10 雨飾山_R153
日本名水百選「杜土の森の湧水」


2015-10-10 雨飾山_R158
金魚の群れ


2015-10-10 雨飾山_R164
きのこ汁(あかんぼう、天然えのき、ヤブダケ)旨かった


2015-10-10 雨飾山_R166
妙高山・火打山を望む


2015-10-10 雨飾山_R172

2015-10-10 雨飾山_R170

2015-10-10 雨飾山_R171
新潟のうなぎ、最高だ!

おわり

コメント
ルネさん
名前に相応しくホンマに素敵な山でしたが、泣きそうなくらいしんどかった!
でも、また登りたいと心底思う山ですハイ!

たかっさん│URL│2015/10/28(Wed)00:00:13│ 編集
No title
行ってきたのね~雨飾山!
やっぱ、雨飾は、秋よね~
私は、夏に北ア下山の翌日、雨飾温泉から登り、小谷温泉に下山しました。
笹平のお花畑がメッチャ素晴らしかったです。
でも、やっぱ秋ですよね~ヽ(^Д^*)/
小谷温泉からの登山道、結構変化があって面白かったでしょ!
また行ってみたくなりました、雨飾!

けど、たかっさんもかあちゃんも、結構ハードなコース、軽々と・・
やるね!ъ(^ー^)

ルネオバ│URL│2015/10/27(Tue)00:18:57│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/324-4556a501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する