Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
12:46:53
約1ヶ月ぶりの山歩き、夫婦揃って溜まりに溜まった体脂肪!高見山よドンダケ燃焼してくれるんだ?
2008-9-13 高見山_R037
関西のマッターホルンの愛称の名峰「高見山」
2008-9-13 高見山_R065
10時25分、高見登山口(杉谷)近くに運良く一台停める駐車スペースがあったので遠慮なく停めさせてもらうことにした。

2008-9-13 高見山_R066
登山口に向かう途中に石垣に埋め込んだレトロな時計がありました。よく見るとちゃんと働いているじゃないか!もうビックリだった。

2008-9-13 高見山_R067
登山口手前には立派なトイレが!人気の高さがうかがえますね。

2008-9-13 高見山_R069
登山口はバス停から少し戻った民家の横にありました。

2008-9-13 高見山_R070
10時43分、山歩きのスタートです。

2008-9-13 高見山_R071
登山道に入って最初に迎えてくれたのが、ゲンノショウコです。小さい花だけれど鮮やかなピンクが綺麗でした。

2008-9-13 高見山_R072
まだまだ夏山!無風状態で直ぐに汗が噴出してくる。

2008-9-13 高見山_R073
植林道に入って近畿自然歩道の看板を見て

2008-9-13 高見山_R074
伊勢南街道と呼ばれる旧道を進みます。

2008-9-13 高見山_R079
山道とは思えない敷石がされてましたが、スベッテ歩きにくいこと!

2008-9-13 高見山_R080
よっこらしょ!っと気合を入れながら歩くかあちゃん。今日は少し足が重いみたいだ。

2008-9-13 高見山_R081
この花なんだ?ハイ誰でも知っているヤマジノホトトギスです。

2008-9-13 高見山_R082
2008-9-13 高見山_R083
撞木松を見てしばらく歩くと

2008-9-13 高見山_R085
古市跡に着きます。昔は紀州、大和、伊勢から人々が集まって、米や塩、魚などの市が立ったといわれる場所です。

2008-9-13 高見山_R000
古市を過ぎて、平坦な尾根道を行くが暑い暑い!

2008-9-13 高見山_R088
アキアカネちゃん、この子だけ見てると秋を感じます。

2008-9-13 高見山_R002
尾根道から植林の中に入ると雲母曲に着きました。

2008-9-13 高見山_R003
シモツケの一種でしょうか?綺麗に咲いていました。

2008-9-13 高見山_R006
雲母曲の坂道を登りきって、小峠に到着。(11時40分)

2008-9-13 高見山_R005
出没熊注意!!出会いたくないですね。

2008-9-13 高見山_R007
高見山へは、この鳥居をくぐって行きます。

2008-9-13 高見山_R010
さあ、行きますか!

2008-9-13 高見山_R011
ソウル先輩から聞いてたけど、この急坂はキツイ!

2008-9-13 高見山_R012
ボテボテいやバテバテのかあちゃん!少し辛そうだが?

2008-9-13 高見山_R013
やっぱり強い!ガンガン行く行く~(脂肪燃焼中)

2008-9-13 高見山_R018
急坂を登ること約30分、平野道分岐に着きました。

2008-9-13 高見山_R019
やれやれホッとしたのも、少しだけ!

2008-9-13 高見山_R020
再び急坂がお出迎え(泣

2008-9-13 高見山_R021
だけど植林じゃなく自然林の道は気持ちが良い!こんなオブジェが疲れを忘れさせてくれる。

2008-9-13 高見山_R022
少し休んで深呼吸!

2008-9-13 高見山_R025
2008-9-13 高見山_R024
神武天皇が大和に入る際に立ち止まって大和を眺めたと伝えられる国見岩。登ってみたが展望なし、ガックリ!

2008-9-13 高見山_R028
藤原鎌足公と三度唱えると揺れ出したといわれる揺岩。三度唱えたが全く揺るがず、これまたガックリ!

2008-9-13 高見山_R030
2008-9-13 高見山_R031
笛吹岩からの展望ですが、霞がかかって残念!

2008-9-13 高見山_R032
さあもう一息!ブナ林を心地よく(霧氷の時期は綺麗だろうなぁ)歩いて行くと

2008-9-13 高見山_R036
避難小屋が現れます。

2008-9-13 高見山_R054
13時6分、高角神社を祀る高見山(1248m)の頂に立つ。

2008-9-13 高見山_R038
三角点にタッチ!

2008-9-13 高見山_R043
倶留尊山・住塚山方面の展望です。

2008-9-13 高見山_R049
台高・大峰方面の展望も真っ白で残念でした。晴れてたら綺麗だろうなぁ~(泣

2008-9-13 高見山_R052
2008-9-13 高見山_R053
避難小屋の展望台で昼食。本日はミニうどん・中華そば・巻きすし・おにぎりでご馳走様!おぉ~箸がないぞぉ~、小枝を削って箸を作りましたが曲がっているので食べ難かったな!

2008-9-13 高見山_R055
しばらく休憩して、蝶々も休憩してって何処で休憩してんねん!

2008-9-13 高見山_R056
大峠(高見峠)に下って帰ることにしました。

2008-9-13 高見山_R058
急坂をいっきに下って行きます。

2008-9-13 高見山_R059
途中で小お花畑を見つけました。ミヤマママコナの群生は見事でした。

2008-9-13 高見山_R062
14時39分、大峠に下りてきました。

2008-9-13 高見山_R063
大峠から小峠までは、大嫌いなアスファルト道でした。

2008-9-13 高見山_R064
アスファルト道脇に湧水の水汲み場があったので、空になったペットボトルに汲みました。小峠からは住路を引き返して高見登山口に帰りました。(16時15分)
久しぶりの登山、かあちゃんはリュックを背負うのも久しぶりでかなり疲れた様子だったが、それより山を歩けた喜びの方が勝ったみたいだった。(ドンダケ燃焼したのか?体脂肪!)













コメント
ゆきうさぎさん
やっぱり、一押しは頭の蝶さんの写真ですか?ちょっと照れるなってなんでやねん!
これからの季節のスズメバチ君恐いですね!たぶん頭に止まられたら気を失う自身120パーセントです(笑

たかっさん│URL│2008/09/29(Mon)23:24:47│ 編集
一押しの一枚は!
やっぱ 頭にとまった蝶でしょうね~~^^
よく撮れましたね♪
それにしてもまだまだ暑いなかの急登は大変だったようで
さすがの愛妻ちゃんも・・・
けど 歩けた喜びですべて帳消しだもんね
またすぐに行きたくなりますよね~~

これからの時期スズメバチに気をつけてくださいね
頭にとまらせないように・・・

ゆきうさ│URL│2008/09/29(Mon)15:18:20│ 編集
ふぇるめーるさん
いいですね、月見酒なんかもやってみたいです!
石畳は確かに凄いもんありましたが、滑ってメチャ歩きにくいのが難点かな?
でも昔の人のスケールのでかさに、痛感させられます。ハイ!

たかっさん│URL│2008/09/16(Tue)21:47:04│ 編集
まゆごんさん
キツかったのは小峠からの傾斜道のことですよ。あれ以上キツかったら我家はアウトです。
体重も体脂肪もチョットやそっとじゃ減らないですね!ガックリですわ!
頭からフェロモン出てんのかな?観音峰に行った時もスズメバチに囲まれましたからね(笑

たかっさん│URL│2008/09/16(Tue)21:37:01│ 編集
スロートレックさん
まいどです!
>某先輩のカスミシンドロームが・・・(笑)<笑笑笑!
二人とも体脂肪は減ったんですけど、体重は変動なしかな?
うちのかあちゃんも何で何での繰り返し、この体重計狂ってるって怒ってましたワ!(笑

たかっさん│URL│2008/09/16(Tue)21:26:02│ 編集
お月見ですか?
この時期なのでテッキリそうかなと(笑)
山頂でテント張りながらの二人月見鑑賞なのかなって思いました。

>街道
見事な石畳ですねぇ。
どこから集めてきたんでしょう?
中仙道みたいです。

ふぇるめーる│URL│2008/09/16(Tue)20:57:20│ 編集
小峠からの傾斜よりキツイのはまだ歩いたことがないですね~
私なんか、体脂肪を落とすのに山に頼りきっているというか、山に登る理由になっているというか…ねっ!!(^_-)-☆

蝶々の休憩…たかっさん、頭から何かフェロモン出してたん??^m^


まゆごん│URL│2008/09/16(Tue)19:02:02│ 編集
某先輩のカスミシンドロームが・・・(笑)
思い切り燃焼されましたか?私は北ア縦走4日間で
3キロ痩せました、が鬼ヨメは1キロ増えてたようで
温泉の体重計がおかしいと何度もグチってました
私ももう1ヶ月山を離れベルトが苦しいのですわ

スロートレック│URL│2008/09/16(Tue)12:05:01│ 編集
ショウタンさん
ハイ、約1ヶ月の山歩きでチョットしんどかったです。
数ヶ月前に伊勢辻山に行った時に、大峠からきたグループと出会い話をしましたが、かなりキツイコースとのことでした。
燃えてなくなるかな?体脂肪!なくなっても直ぐに補充してしまう我家ぁ~情けない!です。

たかっさん│URL│2008/09/16(Tue)07:44:26│ 編集
たかっさん
久々の山ニュースですね
ソウルさんの掲示板見てやってきました
高見山は本当に姿のよい山ですよね
でも今日のコースの知らないショウタンです
楽チンコース大峠、小峠ばっかり登っています
大峠から以前行った伊勢辻山も面白いですよ
ここなら脂肪に火がついて燃え出す事間違い無し
見た目簡単、でもシンドイコースですよ

ショウタン│URL│2008/09/15(Mon)23:53:20│ 編集
タマちゃん
エェ~ベテランのタマちゃんが高見山に行ってないなんて?です。
樹氷の時期は最高の景色を楽しめる良い山だと思いました。是非、みんなで歩きに行きましょう。
ハイ、帰って体重を計りましたよ。体重はあまり変わらないですが体脂肪は3パーセントくらい減ってました。

たかっさん│URL│2008/09/15(Mon)23:16:53│ 編集
中華 うまそー
僕は信州方面には年に1、2度登っているのに、地元の山や奈良県、三重県の山々は限られた所しか歩いていません。
高見山もその1つで登のなら雪の時と思うのがいけないのかなー、寒くなると道路の凍結と雪が心配で、結局未だに行けていない始末です。
みんなで樹氷の時期の山歩き、計画して下さいな。 絶対に参加させて頂きますよ。

帰って 体重計に乗りましたか。
体脂肪の燃焼の事はさっぱりわかっていないのですが、アミノ酸が体脂肪の燃焼を助長してくれると聞いたことが有ります。 バーム・ウオーターなんかがそのアミノ酸含有水なのかな?

タマ│URL│2008/09/15(Mon)21:29:36│ 編集
hanasakuさん
大峠に下りた時に思いました、こんど来た時はここから登ろうと!
そうですね!樹氷の時期に一度、計画してみんなでワイワイガヤガヤ歩いてみたいです。

たかっさん│URL│2008/09/15(Mon)19:11:53│ 編集
よっ ジェーシー
雪の高見山の下見に一度だけ民家の横の登山口から登ったことがありますが
後は、ズルをして大峠からばかり
久しぶりに大岩群?を拝ませてもらいました
樹氷の時期、是非一緒させていただきたいですね
ただし、hanasaku隊は大峠からですよ(笑)

hanasaku│URL│2008/09/15(Mon)18:13:34│ 編集
blueeyedsoulさん
まいどです!
車で小峠まで行って登る予定でしたが、杉谷の登山口を見て即、予定変更しました。
天気はまずまずやったんやけど、霞が・・・後ろに誰かさんが居ないか何度も振り返って歩いてましたよ(笑
樹氷の時期は最高でしょうね!是非、一緒に登りましょう。

たかっさん│URL│2008/09/15(Mon)18:08:36│ 編集
高見山
まいど!
高見山フルコースお疲れさんでした。
てっきり大峠から登ったのかと思ったら
小峠から、そら余計にキツイわ。
悪運尽きてスカッと晴れやんかったなー。(笑)
樹氷の時期にまた一緒に登ってみたいな。

blueeyedsoul│URL│2008/09/15(Mon)17:01:39│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/66-a516e997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する