Enter
山歩きで出会った、すばらしい展望や山野草を 少しですが紹介していきます。 また色鉛筆で色々な風景や山野草等を描いたものを 紹介できればと思っています。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:02:11
ー鈴鹿連山の大展望が時のたつのを忘れさせてくれた 綿向山ー
2009-2-7 綿向山から竜王山_R000
自宅(5:30)-和歌山IC(5:45)-竜王IC(7:55)-西明寺口(8:25トイレ)-御幸橋P(8:35)-出発(8:50)-水木砂防堰堤(8:57)-ヒミズ谷出合小屋(9:09)-あざみ小舎(9:56)-五合目小屋(9:15~9:24)-七合目行者堂(10:42~10:47)-竜王山への分岐点(11:11)-雨乞岳への尾根(11:28)-昼食(11:35~12:30)-綿向山山頂(12:40~12:56)-竜王山への下口(13:15)-P913(14:28)-オンバノフトコロ(14:43)-竜王山山頂(15:00~15:10)-千畳平(15:18)-竜王山登山口(15:40)-西明寺(16:00)-御幸橋P(16:25)-自宅(19:45)
山名「綿向山」の由来は、養蚕の「わたつむぎ」から「わたむき」に転訛したと言われるらしいです。
2009-2-7 綿向山から竜王山_R002
高速道路が苦手な私、そんな横ですやすや眠るかあちゃんを乗せ何とか駐車場に到着。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R001
急いで支度をします

2009-2-7 綿向山から竜王山_R003
駐車場からひときわ目立つ山が・・・綿向山かな???

2009-2-7 綿向山から竜王山_R004
さてっと、出発しますか

2009-2-7 綿向山から竜王山_R005
この日の計画は、表参道登山口から取次ぎ綿向山ー水無山ー水無山南峰ー水無山北尾根コース

2009-2-7 綿向山から竜王山_R008
水木砂防堰堤をすぎると

2009-2-7 綿向山から竜王山_R012
こんなのがありました(興味のある方どうぞ)

2009-2-7 綿向山から竜王山_R014
すぐにヒミズ谷出合小屋に、ここが表参道コースと水無山北尾根コースの分岐点です。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R015
我家は、計画通りに表参道コースを

2009-2-7 綿向山から竜王山_R017
登山道は植林のジグザグ道からでチョットため息だが、ここは我慢だ!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R018
何なんだろう?「一合目・二合目・・・」この表記が好きなんだなぁ~

2009-2-7 綿向山から竜王山_R021
植林道を快調にとばすのはいいが・・・

2009-2-7 綿向山から竜王山_R022
あぁ~2月やというのに汗が噴出すしまつだ!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R023
汗をぬぐいポカポカ陽気にアレェ~・・・ゆ・雪は?ここまで雪らしきものは全く無かったな。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R025
あざみ小舎のところまで来て、やっと雪が現れホッ・・・しかし

2009-2-7 綿向山から竜王山_R029
登山道だけに雪が残り、氷の道と化していた。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R030
慎重に歩きノーアイゼンで五合目まで頑張った。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R031
五合目小屋に着くとご覧のような人盛りだった。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R034
ここから雪山に急変、みんなアイゼンを着けていた。我家も小屋の中でアイゼンを装着。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R037
先に団体21名が行かれたので、少し距離をおいて行きました。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R032
五合目から今日はじめての景色、近江盆地チラッと楽しめます。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R038
踏み固まった雪道をサクサクと気持ち良くあっという間に七合目行者堂に着きました。しかし、ここで腹立たしいことが(怒)

2009-2-7 綿向山から竜王山_R039
この写真を撮るのもやっとでした。答えは・・・

2009-2-7 綿向山から竜王山_R040
先に出られた団体だ、登山道をふさいで登山レクチャーをしていた。アイゼンはどうの・ストックはこうして・ピッケルはね・・・そんなのは山に入る前にレクチャーしときなさい!まったく。あんたら団体さんだけの山やないんやからね!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R041
団体の横を(道を外して)通り、気分を直して冬期ルートへ

2009-2-7 綿向山から竜王山_R044
ここから一気に急登を駆け上がるのだ!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R047
途中からいい景色が飛び込んできた。たぶん比良山系だろう?カメラ機能を最大限に使っての一枚です。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R050
綿向山と竜王山への分岐点に、後から来る団体さんを避け綿向山山頂は楽しみに取っておくことにして、イハイガ岳・雨乞岳方面に下ることにした。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R051
フワフワとまではいえないが、雪の感触が気持いい

2009-2-7 綿向山から竜王山_R052
青空の下、どんどんテンションが上がっていく

2009-2-7 綿向山から竜王山_R055
途中にこんなブナの木がありました。それは・・・

2009-2-7 綿向山から竜王山_R056
2009-2-7 綿向山から竜王山_R057
これだ!くぐると幸せを呼ぶと言うので、くぐっておきました。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R058
幸せはすぐにやってきました。こんな素晴しいところ歩かせてもらえるんだから!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R061
北西方面の近江盆地も見ごたえバッチシだ!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R063
正面に見える重厚な雨乞岳に魅了されフラフラと・・・夢でも見ているような不思議な気分に酔いしれた。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R070
遠くには木曽の御嶽山も姿を見せてくれました。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R069
景色を堪能して綿向山へ、しかし山頂からは団体さんの声が聞こえてくる。まいったな・・・しかたがないし昼飯にするか

2009-2-7 綿向山から竜王山_R073
本日は、タンタン麺&おにぎり&キリンでご馳走さま。まったりと1時間あまりをすごした。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R080
食後、団体さんが竜王山に下ったのを確認してから、一気に綿向山山頂に駆け上がりました。

2009-2-7 雨乞岳方面の展望
鈴鹿連山の大パノラマ、素晴しい眺望が広がっていた。(クリックして見てください)

2009-2-7 綿向山から竜王山_R089
ゆっくり楽しみたかったが、時間がない。計画通りに鳥居をくぐり九合目に向かいました。しかし、階段は雪で埋まりただの急斜面に・・・

2009-2-7 綿向山から竜王山_R090
かあちゃんを待たせ、偵察部隊出動!少し下ったところで踏跡が消えた。隊長~無理で~す。よし分かった撤退せよ!ハイ、了解しました。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R093
撤退したが、どうするよ~数秒考えピストンはパス。竜王山に行くことに決定!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R060
雨乞岳方面に少し戻ったところに、分岐点があります。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R094
いきなりの激下り

2009-2-7 綿向山から竜王山_R095
かあちゃんは、ソリもないのに滑る滑る~

2009-2-7 綿向山から竜王山_R101
ところどころ危険な箇所があったが、難なくクリアー

2009-2-7 綿向山から竜王山_R099
石楠花のトンネルをくぐるのもまた楽しい。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R105
激下りが終わり一息入れる。しかし下れば登るかぁ~ガンバンベェ~

2009-2-7 綿向山を望む
少し開けたところから振り返って見る綿向山は綺麗だった(クリックして見てください)

2009-2-7 綿向山から竜王山_R111
・・・!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R114
二つほどコブを越えると

2009-2-7 綿向山から竜王山_R115
オンバノフトコロと言うところに、ここから竜王山まではあと少しだ。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R119
送電線の鉄塔を二つくぐるり

2009-2-7 綿向山から竜王山_R120
ゆるやかな自然林の中をゆっくりと歩く、あぁ~エエなぁ~!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R125
そんなこんなで、竜王山山頂に到着。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R121
コーヒータイムといきたいところでしたが、時間があまりない。hanasaku隊に教えてもらって作った「干し柿」を食べて下山することにした。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R122
山頂からは近江盆地が・・・霞んで見えません(泣)

2009-2-7 綿向山から竜王山_R126
アッ忘れてた、これやっとかないとね命!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R123
さぁ、下りますか

2009-2-7 綿向山から竜王山_R128
階段をトントンと(膝はガクガクですが)下ると

2009-2-7 綿向山から竜王山_R130
2009-2-7 綿向山から竜王山_R129
広々とした自然林の千畳平が待っていてくれた。もう少し雪があれば満点だったのだが残念!

2009-2-7 綿向山から竜王山_R131
冬枯れの道を一気に下り

2009-2-7 綿向山から竜王山_R133
竜王山登山口に無事下山

2009-2-7 綿向山から竜王山_R134
林道に出て西明禅寺へ

2009-2-7 綿向山から竜王山_R139
2009-2-7 綿向山から竜王山_R138
蓮台野石仏群を過ぎると

2009-2-7 綿向山から竜王山_R140
立派な西明禅寺があり雰囲気が良いので入って見ることにしました。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R141
2009-2-7 綿向山から竜王山_R142
2009-2-7 綿向山から竜王山_R143
古い釣鐘に藁葺の本道、綺麗な庭は見事でした。

2009-2-7 綿向山から竜王山_R145
西明禅寺からは車道を20分ほどで御幸橋駐車場の手前のトイレに

2009-2-7 綿向山から竜王山_R146
初めての鈴鹿山系の山歩き、綿向山からは重厚な雨乞岳や鋭鋒鎌ヶ岳を思う存分楽しんだ!
もう少し澄んでいれば比良連峰も望めただろうがって欲張りすぎかな?
素晴しい景色に、時のたつのを忘れさせてくれた良い山歩きが出来ました。
























コメント
ショウタンさん
ソウル先輩より1日早く登っちゃいました。
今季は雪が少ないですね、滋賀の山でこの有様ですから~
この日、天気が良くポカポカ陽気で景色も素晴しかったです。
雪が少なくても、これだけの景色を見れたので大満足でした!

たかっさん│URL│2009/02/21(Sat)18:35:20│ 編集
先輩に続いて登られましたか
どこもかしこも雪が少ないですね
このままだと本当に地球が沸騰してしまいそうですね
でも天気は最高ですから大満足では

ショウタン│URL│2009/02/21(Sat)13:31:19│ 編集
ふぇるめーるさん
二月というのに、この雪の少なさは寂しいですね。
だけど、これだけの絶景と尾根歩きを楽しめたのだからOKです。
今季はもう雪遊びは終わりなのかな?(寂し~い)

たかっさん│URL│2009/02/17(Tue)22:25:04│ 編集
タマちゃん
まいどです!
雪は少なかったものの、晴天に恵まれ素晴しい景色と気持ちの良い尾根歩きを堪能することが出来ました。
欲を言えば、もう一回スノーシューハイクを楽しみたいです!

たかっさん│URL│2009/02/17(Tue)22:19:10│ 編集
フルコースとは、長かったですね。
そり遊び楽しそう!
これだけ展望があれば値打ちあります。

ふぇるめーる│URL│2009/02/17(Tue)18:43:33│ 編集
青空に白銀の尾根 いいですねー

駐車場~3合目までからは想像もできない雪の山ですね。 それでもスノーシューを使わずに歩けたのだから、ほかほか雪はすくなかったのですかね。
晴天、雪山、展望と申し分の無い山でしたね。 これだから山登りはやめられないですなー。

タマ│URL│2009/02/16(Mon)21:58:12│ 編集
のんちゃん
まいどです!
はい、一日早く同じところを歩いて来ました。天気も我家が行った日の方が良かったみたいです。ラッキー!
雪山をもう一度ザクザク歩きたいんですけど、今季はもうダメかな?
でも次は山野草の花を求めての山歩きが待っているので、楽しみですよ!

たかっさん│URL│2009/02/16(Mon)21:01:46│ 編集
soulさんと一緒のところへ行かれたんですか? 別々に。
あっちのブログも見せてもらったら、気のせいかたかっさんの日のほうが天気がよかった??
あとわずかですね、雪山・・・。

のんちゃん│URL│2009/02/16(Mon)14:28:37│ 編集
まゆごんさん
まいどです!
スノーシューハイクが出来るかな?とチョット遠くに足を延ばして楽しみに行ったんですが、雪が少なかったです。地球温暖化ですかね!
山頂からの展望は最高ですし、尾根歩きは気持ち良かったですよ!
名神竜王ICからR477経由で30分ほどで行けるので、気合を入れればすぐですよ。良い山でしたので、是非行ってみて下さい。鈴鹿の山々がお出迎えしてくれますよ!

たかっさん│URL│2009/02/14(Sat)20:17:54│ 編集
少し日が長くなってますが、遠くに行かれたんですね~
ここは全く知りません。
自然林で展望の尾根歩き、よさそうですね~行ってみたいです~♪
また参考にさせて下さ~い。(^-^)


まゆごん│URL│2009/02/14(Sat)17:26:12│ 編集
あこさんまいどです!
団体さんに泣かされたのが、これで2回目です。悪いところの共通点は我が物顔で他の登山者のことなど考えていないとこかな!

イケメンたかっさんってあぁ~恥ずかしい。でも、まだ活き活きピチピチで~す。

たかっさん│URL│2009/02/13(Fri)18:26:12│ 編集
utageさん
まいどです!
水無山北尾根コース以外は同じとこ歩いたんですね。良い山でした!
スノーシュー今季はもうダメなのかな?
雪が終われば大好きな山野草の季節が来るから、まぁ、いいかな!

たかっさん│URL│2009/02/13(Fri)18:16:44│ 編集
たかっさんまいどです。
団体さん。。。自分たちだけのことを考えずに周りにも目を向けないとね
せっかく自然を楽しみに来てるのに人に邪魔されるとムッとしますよね。

>・・・!
自分にコメントを入れにくかったんですね
山をバックにイケメンたかっさん!でどうですか?


あこ│URL│2009/02/13(Fri)14:35:53│ 編集
私たちとほぼ同じコース歩かれましたね。(^^)/
たかっさんの情報でスノーシュー持って行きませんでした。
ただ、僕のこの日は少しつかれていたので雪なくて
よかったと思いました。たかっさんたちはスノーシュー
目的だったので残念におもいます。

utage│URL│2009/02/13(Fri)00:17:03│ 編集
マーチ娘さん
いやぁ~ゾッとしていただきましたか?
かなりの激下りでしたが、かあちゃんはお尻で滑って楽しんでましたよ!
ルートは正規ルートです。
山で飲むビールは何倍も美味しいですね!だけど私は一口だけです(帰りの運転が待ってますから)
干し柿は初めて作ってみました。皮を剥いて吊るしておくだけで美味しく出来上がりますよ!
ときたま忘れてしまうんですよ命、やっといて良かったですはわ。命ファンがいてくれて嬉しいですよん(笑)

たかっさん│URL│2009/02/12(Thu)19:47:26│ 編集
blueeyedsoulさん
あぁ~聞きとうない!
スノーシュー遊び堪能ですか?エエなぁ~しか言えませんわ!
この日は、かあちゃんが娘を病院へ連れて行かないとダメだったので山はブーでした。
山がダメなら海があるさで、久しぶりに海人さんやってきました。

たかっさん│URL│2009/02/12(Thu)19:19:55│ 編集
すっごい!
いきなりの激下り!には、写真を見るだけでゾッとしますた(笑)
あれって、登山される方々の正規ルートなんですか???
あの団体様も通ったとか?

雪山で飲むv-275は最高だろーなぁ。
それに、でっけー干し柿だしi-237

お馴染みの”い~のち”がないなぁーって思ってたら、あったあった!!笑

マーチ娘。│URL│2009/02/12(Thu)17:26:33│ 編集
まいど!
氷ノ山は雪たっぷりで滑り下りるような斜面がいっぱいあって
スノーシューそらもう堪能しまくったで。
え?記事に関係ない?まぁかたいこと言わんと。

blueeyedsoul│URL│2009/02/12(Thu)16:13:20│ 編集
スロートレックさん
おっしゃるとおりで、ホンマに雪山遊びは1月限定になっちゃうかもね!
スノーシューはどうなるの?まだ2回しか履いてないよ~(泣)
綿向山からの展望、雄大な気分を味わえましたわ!
それから雨乞岳方面への尾根が最高で夢ごこちでしたよ。

たかっさん│URL│2009/02/12(Thu)11:05:30│ 編集
むー・・・
2月の鈴鹿がこのハゲ頭?
もう近畿では雪山遊びは1月限定となるのでしょうか・・・
なんだか悲しくさえ思えます
しかし山頂展望は素晴らしいですね!お二人の充実感が
伝わってきます♪いい山行でしたね

スロートレック│URL│2009/02/12(Thu)09:41:35│ 編集
hanasakuさん
綿向山山頂からの大パノラマh迫力満点で最高でした。
フワフワの雪を歩きたかったですが残念無念、今季はもう期待薄なのかな?
干し柿は美味しく出来上がってましたよ!
皮を剥いて吊るしておくだけで「この美味さ」不思議ですよね!

たかっさん│URL│2009/02/12(Thu)09:14:53│ 編集
フルコースを歩かれましたね
綿向山頂からのパノラマは素晴らしかったでしょう
もう少し雪があればなお良かったのにね
ところで、干し柿のお味はどうでした?

hanasaku│URL│2009/02/11(Wed)18:05:35│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://takablogu.blog98.fc2.com/tb.php/86-4d09cb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかっさん

Author:たかっさん
湧き水を汲みに行くのがきっかけで、
山歩きにハマッテしまいました。
また日本の蘭を主に山野草を育てているので、
山歩記と共に山野草の紹介をしていきたいです。

<年齢>
1962年10月生まれ

<居住地>
和歌山市

<その他趣味>
色鉛筆画を少々
格闘技

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する